アプデ情報

【マイクラ】1.20.40 アプデ情報まとめ【統合版】

【マイクラ】1.20.40 アプデ情報まとめ【統合版】

バニラパリティ

ゲームプレイ

  • 詳細設定のリスポーン半径のデフォルト値を 10 に変更
  • ボートに乗っているときに高いところから落ちても、落下ダメージを受けなくなった ( MCPE-152753 )
  • 落下ダメージは、騎乗時に地面に着地したエンティティによって吸収され、乗り物が死亡した場合は乗客に伝達されるように。
  • ヤギの角が最大 256 ブロック離れた場所でも聞こえるように ( MCPE-153254 )
  • ボスバーの HUD カラーを微調整 ( MCPE-43591 )
  • 流れる溶岩と水の混合メカニズムが Java Edition と一致するように ( MCPE-41103 )
  • チェスト付きのボート、いかだ、またはトロッコのインベントリを閉じると振動が発生するように

モブ

  • ゾンビ化した村人の硬化時間は、Java Edition に合わせて 3 ~ 5 分の間でランダム化されるように。
  • ゾンビ化した村人に正しいバイオーム オーバーレイが適用されるように ( MCPE-172377 )
  • 魔女は16ブロック以内のプレイヤーをターゲットにするように
  • 以前に毛を刈られ、その後毛が生えてきた羊は、死ぬと毛を落とすように ( MCPE-99972 )
  • ラクダは溶岩または水の中にいる間はダッシュできなくなった
  • アイアンゴーレムは窒息し始める高さ 2 ブロックの空間に自然にスポーンしなくなった ( MCPE-173006 )
  • アイアンゴーレムとスノーゴーレムは、作成時に崩れるようなパーティクルエフェクトを持つように。
  • 製図家は、オーバーワールドにいないときに探検家の地図を取引の品として提供しなくなった。

オーディオ

  • ガーディアンとエルダーガーディアンが陸上にいるときにパタパタ音を立てるように ( MCPE-26929 )
  • ウィザースケルトンに独自のサウンドが追加 ( MCPE-174857 )
  • ウィザースケルトンの頭蓋骨が音符ブロックの上に置かれたときに再生されるサウンドを更新
  • 「/give」コマンドを使用すると、アイテムを拾うサウンドが再生されるように
  • 野良猫が餌をねだるときに音を鳴らすように
  • 瓶の変更 ( MCPE-157918 )
    • 水を汲む時にボトルが音を発するように
    • ガラス瓶から水やポーションを大釜に注ぐと、適切な音が鳴るように
    • 大釜からガラス瓶に水またはポーションを入れると、適切な音が鳴るように。
    • ガラス瓶から飲むと適切な音が鳴るように。
  • 水しぶき音の変更 ( MCPE-174524 )
    • Java Edition に合わせて、水に出入りする時の環境音は、目の高さよりも下に沈んでいる場合にのみ再生されるように。
    • 入水時のスプラッシュサウンドが Java Edition に合わせて更新。

実験的な機能

村人の貿易のリバランス

この実験を試したい場合は、新しいワールドを作成するときに実験メニューの機能切り替えをオンにする必要がある。

製図家

製図家は砂漠の村のマップ、ジャングル探検家のマップ、平原の村のマップ、サバンナの村のマップ、雪の村のマップ、沼地探検家のマップ、およびタイガの村のマップの 7 つの新しいマップを販売。

1 つの村から始めて、村から村へと地図をたどることで、他のすべての村の種類を見つけることが可能。

砂漠 ジャングル* 草原 サバンナ 沼地* タイガ
サバンナの村の地図 サバンナの村の地図 サバンナの村の地図 砂漠の村の地図 草原の村の地図 雪の村の地図 草原の村の地図
草原の村の地図 砂漠の村の地図 タイガの村の地図 草原の村の地図 タイガの村の地図 タイガの村の地図 雪の村の地図
ジャングル探検家の地図 湿地帯探検家の地図 ジャングル探検家の地図 湿地帯探検家の地図 ジャングルの村の地図 湿地帯探検家の地図

*ジャングルと沼地の村は自然には生成されない。これらの取引をするためにはプレイヤーは該当するバイオームで村を構築する必要がある。

防具鍛冶

ダイヤモンドの鎧を購入する際、エメラルドだけでなく少量のダイヤモンドを支払う必要があるように。

その他の変更点は以下のとおり。

  • ほとんどのマスターレベルの防具鍛冶は鉄ブロックを購入(高額で取引)
  • チェーンメイルの鎧はジャングルと沼地の防具鍛冶によって独占的に販売
  • サバンナの防具鍛冶は呪われたダイヤモンドの鎧を割引価格で販売
  • タイガの防具鍛冶は、ダイヤモンド鎧を別の鎧と交換可能

構造物戦利品

特定のエンチャントされた本は、いくつかの構造で生成される可能性が高くなる。

  • 古代都市: 修繕
  • 廃坑: 効率強化(I ~ V)
  • 略奪者前哨基地: 高速装填(I ~ III)
  • 砂漠の寺院: 耐久力(I ~ III)
  • ジャングル寺院: 耐久力(I ~ III)

修正と変更

パフォーマンス/安定性

  • ゲームプレイ中に発生する可能性のあるいくつかのクラッシュを修正
  • Spellrune | マーケットプレイスマップのArcholdルームで実行中に発生する可能性のあるクラッシュを修正
  • 水ブロックのテッセレーションに関連するクラッシュを修正
  • Mob が摩擦 0 のブロック上を移動するとゲームがロックアップする問題を修正 ( MCPE-173073 )

ゲームプレイ

  • 矢がブロックされた場合、プレイヤーは矢の効果の影響を受けなくなった ( MCPE-52904 )
  • エンドとネザーの村がオーバーワールドに保存されなくなった ( MCPE-85954 )
  • プレイヤーがエリトラでブロックに滑空するときにブロックをすり抜けてしまうことがある問題を修正 ( MCPE-73307 )
  • バケツを置いた後、数ティックの間、バケツが液体を拾えなくなった ( MCPE-100598 )
    • これにより、液体を素早く連続して配置したり回収したりする動作がより安定し、水バケツを使用しているプレイヤーが落下によるダメージを素早く回避できるように。
  • ソウルサンド上でゆっくりと移動すると、プレイヤーがソウルスピードの移動速度を取得できないことがある問題を修正 ( MCPE-173155 )
  • プレイヤーがクリエイティブ モードで飛行し、スニークボタンを連打するときにブロックをすり抜けてしまうことがある問題を修正 ( MCPE-172785 )

モブ

  • スニッファーが指定された掘削期間の終了時ではなく、アイテムが作成されるとすぐに掘削を終了するバグを修正。
  • ラクダが歩いているときに滑っているように見えなくなった ( MCPE-169666 )
  • ラクダが静止しているときに足を動かさなくなった(MCPE-172846)
  • ラクダが溶岩にいるときに無制限にダッシュしなくなった ( MCPE-172369 )
  • Mob が 1 ブロックの深さの水たまりに落ちたときに落下ダメージを受けなくなった ( MCPE-173094 )
  • ウサギは再び部分的にまたは完全に成長したニンジンを食べることができるように ( MCPE-131980 )

ブロック

  • 看板の間違った側が編集されることがあるバグを修正 ( MCPE-169067 )
  • アイテムフレームがヒットまたは破壊されたときにアイテムをドロップしない可能性がある非常にまれなバグを修正(確率約0.000003%)。
  • 三人称カメラが大釜の下部を通過しないように ( MCPE-173010 )
  • 粉雪にどんな高さから落ちてもダメージを受けなくなった ( MCPE-174859 )
  • レザーブーツを履いた軽量の Mob やエンティティは、2 ブロック半以上の高さから落下すると、粉雪の最上層に沈む。
  • スカルクブロックは、シルクタッチで採掘しても XP をドロップしなくなった ( MCPE-174656 )

アイテム

  • 斜めのバナーパターンがシールドに適用されたときに反転しなくなった ( MCPE-169577 )
  • 無効なアイテムをオフハンドスロットに配置してもドロップしなくなった
  • 歪んだキノコ付きの棒が一人称視点で後ろ向きに保持されなくなった ( MCPE-169765 )
  • 製図家が販売する探検家の地図の構造アイコンを更新

アクセシビリティ

  • テキスト読み上げでチャットの開き方やエモートの使用方法が説明されない問題を修正
  • ポップアップのタイトル/説明のテキスト読み上げメッセージが適切に再生されるように

ユーザーインターフェース

  • 「ジョイスティックを使用したスプリント」オプションがオフになっている場合のラクダのスプリントボタンを追加 ( MCPE-172674 )
  • タッチコントロールを使用しているときにスニークボタンが D-Pad Up ボタンを部分的にブロックする問題を修正 ( MCPE-38566 )
  • 鍛冶台で一部のスロットの重複したツールチップが表示されなくなった ( MCPE-168369 )
  • アイテム名が衝撃吸収ヘルスバーと重複しなくなった ( MCPE-152131 )
  • アイテム名がマウントヘルスバーと重複しなくなった ( MCPE-152130 )
  • アイテム名が酸素バーと重複しなくなった ( MCPE-152129 )
  • 醸造台のインターフェースをスケール変更時に常に背景内に留まるように更新 ( MCPE-154385 )
  • メンバーではないときにレルムに参加しようとしたときの切断メッセージを改善
  • テキストの自動補完により、キャレットが行末に移動するように。

グラフィカル

  • 装備したエンチャントされたアーマーの輝きは全体的に弱く、時間の経過とともにその強度が顕著に増減するように。
  • ランダムなライトは光源なしではワールドに表示されなくなった ( MCPE-169001 )
  • スプラッシュパーティクルが対象の頭上ではなく腰から放出されるように。

技術アップデート

更新されたアドオンテンプレートパック

  • 新しいリソース、動作、ドキュメントを含む 1.20.40 の更新されたアドオンテンプレートは、 aka.ms/MCAddonPacks からダウンロード可能。

安定性とパフォーマンス

  • 特定のサウンド定義に間違った json タイプが使用されている場合でも、サウンド定義ファイル sound_settings.json がゲームをクラッシュさせなくなった ( MCPE-168913 )

コマンド

  • 「@e[type=item]」を使用したコマンドが使用された後、ワールドに再入力してもコマンドのオートコンプリートが中断されなくなった ( MCPE-164734 )
  • 「オーバーライド」原因を持つ /damage コマンドは、ヒット後の無敵性によってダメージを与えるように ( MCPE-160290 )
  • レシピコマンドの色が青ではなく白に変更 ( MCPE-173362 )

モブ

  • モブが現在、溶岩にいるかどうかを知るための新しい「query.is_in_lava 」クエリ関数を Molang に追加。

Molang

  • Molang がバージョン 1.20.40 に更新され、「block_property」と「has_block_property」が「block_state」と「has_block_state」に置き換えられた。
    • これは Molang のバージョン管理された変更であり、min_engine_version 1.20.40 以降を使用するパック内の Molang 式に対してのみ有効。

取引テーブル

  • 取引アイテムには、取引を考慮すべきかどうかを決定する「filters」プロパティが追加。
  • 取引アイテムは、村人のバイオームタイプをチェックするための「biome」プロパティをサポートしなくなった。代わりに、「is_mark_variant」フィルターを「filters」プロパティで使用して、村人のバイオームタイプをチェックできる。

API

  • World.getMoonPhaseMoonPhase、および MoonPhaseCount v1.6.0 をリリース
  • カメラ API がベータ版から 1.6.0 に移行
    • Camera
      • setCamera
      • fade
      • clear
    • EasingType
    • CameraSetRotationOptions
    • CameraSetFacingOptions
    • CameraSetPostionOptions
    • CameraDefaultOptions
    • CameraSetLocationOptions
  • 「Script」という単語を含まないように CameraSetOptions オプションの名前を変更。
  • Entity.is* API をベータ版から 1.6.0 にリリース
    • isSleeping
    • isSneaking
    • isSprinting
    • isSwimming
    • isClimbing
    • isOnGround
    • isInWater
    • isFalling
  • プレーヤーレベルおよび XP API をベータ版から 1.6.0 にリリース
    • addLevels
    • addExperience
    • level
    • getTotalXP
    • xpEarnedAtCurrentLevel
    • totalXpNeededForNextLevel
    • resetLevel
  • Player.is* API をベータ版から 1.6.0 にリリース
    • isEmoting
    • isGliding
    • isJumping
    • isFlying
  • ActionFormDataMessageFormData、および ModalFormData 以外のすべてのメソッドが読み取り専用モードで呼び出せるように更新
  • BlockInventoryComponent
    • コンテナメンバー変数がコンテナまたは未定義である可能性を正しく反映するように。
  • @minecraft/server-ui モジュールがバージョン 1.2.0 以降の @minecraft/server と連携できないバージョン管理のバグを修正。
  • WeatherType が 1.6.0 に移行
    • 関数 setWeather を1.6.0 に移動
    • イベント/プロパティ entityRemove をベータ版から 1.6.0 に移動
  • クラス EntityRemovedAfterEvent をベータ版から 1.6.0 に移動
  • クラス EntityRemoveAfterEventSignal をベータ版から 1.6.0 に移動
  • クラス EntityRemovedBeforeEvent をベータ版から 1.6.0 に移動
  • クラス EntityRemoveBeforeEventSignal をベータ版から 1.6.0 に移動
    • イベント/プロパティの entityLoad をベータ版から 1.6.0 に移動
  • EntityLoadAfterEvent クラスを ベータ版から 1.6.0 に移動EntityLoadAfterEventSignal クラスを ベータ版から 1.6.0 に移動
    • イベント/プロパティの entitySpawn をベータ版から 1.6.0 に移動
  • 列挙型 EntityInitializationCause をベータ版から 1.6.0 に移動
  • EntitySpawnAfterEvent クラスをベータ版から 1.6.0 に移動
  • クラス EntitySpawnAfterEventSignal をベータ版から 1.6.0 に移動
    • イベント/プロパティ playerBreakBlock をベータ版から 1.6.0 に移動
  • PlayerBreakBlockAfterEvent クラスをベータ版から 1.6.0 に移動
  • PlayerBreakBlockAfterEventSignal クラスをベータ版から 1.6.0 に移動
  • PlayerBreakBlockBeforeEvent クラスをベータ版から 1.6.0 に移動
  • PlayerBreakBlockBeforeEventSignal クラスをベータ版から 1.6.0 に移動
    • イベント/プロパティ playerPlaceBlock をベータ版から 1.6.0 に移動
  • PlayerPlaceBlockAfterEvent クラスをベータ版から 1.6.0 に移動
  • PlayerPlaceBlockAfterEventSignal クラスをベータ版から 1.6.0 に移動
  • BlockEventSignalOptions クラスをベータ版から 1.6.0 に移動
    • isAir(): boolean をベータ版から 1.6.0 に移動
    • isLiquid(): boolean をベータ版から 1.6.0 に移動
    • amount をベータ版から 1.6.0 への移動
    • keepOnDeath: boolean をベータ版から 1.6.0 に移動
    • lockMode:ItemLockMode をベータ版から 1.6.0 に移動
    • nameTag?: string をベータ版 から 1.6.0 に移動
    • clone():ItemStack を ベータ版から 1.6.0 に移動
    • getTags(): string[] をベータ版 から 1.6.0 に移動
    • hasTag(tag: string): boolean をベータ版 から 1.6.0 に移動
    • setCanDestroy(blockIdentifiers?: string[]): void をベータ版から 1.6.0 に移動
    • getCanDestroy(): string[] をベータ版 から 1.6.0 に移動
    • setCanPlaceOn(blockIdentifiers?: string[]): void をベータ版から 1.6.0 に移動
    • getCanPlaceOn(): string[] をベータ版 から 1.6.0 に移動
    • 関数 getProperty を 1.6.0 に移動
    • 関数 resetProperty を 1.6.0 に移動
    • 関数 setProperty を 1.6.0 に移動
  • getRotation をベータ版から 1.6.0 に移動
  • setRotation をベータ版から 1.6.0 に移動
  • PlayerDimensionChangeAfterEvent をベータ版から 1.6.0 にリリース

ブロック

  • 「minecraft:transformation」により、ブロックが 30x30x30 ピクセルの制限を超えて変換されなくなり、「minecraft:unit_cube」が変換またはスケーリングされなくなる。無効なブロックには代わりに「update」ブロックが表示される ( MCPE-173799 )
  • チェスト、トラップチェスト、エンダーチェスト、石切台は、「facing_direction」の代わりに状態「minecraft:cardinal_direction」を使用するように。この状態では [0、1、2、3、5、6] の代わりに文字列値 [“south”、”west”、”north”、”east”] が使用される

アイテム

  • 無効な「cause」値でダメージセンサーをロードしようとしたときのコンテンツエラーを追加
  • 「minecraft:icon」アイテムコンポーネントの単一値解析を許可する
  • 「 minecraft:dash 」を使用して、ラクダのダッシュコンポーネントを馬、ロバ、ラバ以外の乗れるモブに適用できるように
  • バージョン 1.20.40 以降、「minecraft:weapon」コンポーネントが廃止
  • バージョン 1.20.40 以降、「minecraft:on_use」コンポーネントが廃止
  • バージョン 1.20.40 以降、「minecraft:on_use_on」コンポーネントが廃止

エンティティコンポーネント

  • クリエイターが使用できる「behavior.random_search_and_dig」のロックが解除。
  • Mob が掘ることができるブロックのリストである「target_blocks」フィールドが追加。「target_blocks」が追加されていない場合のデフォルトは、土、草、ポドゾル、根付いた土、苔、泥、泥だらけのマングローブの根。
  • Mob が掘り出せるものを指定するルートテーブルへのパスである「item_table」フィールドが追加。「item_table」は「items」より優先される。
  • 動作で「item_table」の読み取りまたは検索に問題が発生した場合、および「items」から項目を取得できない場合にコンテンツエラーが追加。
  • 「on_item_found」イベントは、アイテムが見つかり、掘削が完了したときに発生するように。
  • Behavior.random_look_around_and_sit」には、クリエイターが使用できるように「continue_sitting_on_reload」フィールドが公開。これは、ラクダがリロード時に座ったままになる方法
  • behavior.is_scenting」は汎用の「behavior.timer_flag_1」に名前変更され、クリエイターにリリース
  • Behavior.is_rising」は汎用の「Behavior.timer_flag_2」に名前変更され、クリエイターにリリース
  • Behavior.is_feeling_happy」は汎用の「Behavior.timer_flag_3」に名前変更され、クリエイターにリリース
  • Behavior.timer_flag 1」: この動作が開始されるとイベントを起動し、一定期間待機してから停止する。タイムアウトまたは別の動作によって中断されて停止すると、別のイベントが発生する。 query.timer_flag_1 は、 この動作が実行されている場合はクライアントとサーバーの両方で 1.0 を返し、それ以外の場合は 0.0 を返す。
  • Behavior.timer_flag 2」: この動作が開始されるとイベントを起動し、一定期間待機してから停止する。タイムアウトまたは別の動作によって中断されて停止すると、別のイベントが発生する。 query.timer_flag_2 は、 この動作が実行されている場合はクライアントとサーバーの両方で 1.0 を返し、それ以外の場合は 0.0 を返す。
  • 「Behavior.timer_flag 3」: この動作が開始されるとイベントを起動し、一定期間待機してから停止する。タイムアウトまたは別の動作によって中断されて停止すると、別のイベントが発生する。 query.timer_flag_3 は、 この動作が実行されている場合はクライアントとサーバーの両方で 1.0 を返し、それ以外の場合は 0.0 を返す。

実験的な技術アップデート

スクリプトAPI

  • getWeather 関数を追加
  • chat(message:string) メソッドを追加
  • ItemTypes.get を変更して、ItemType | undefind を返すように。
  • ItemDefinitionTriggeredAfterEventsource をオプションに変更
  • Player に以下のメソッドを追加
    • above(steps?: number): Block | undefined;
    • below(steps?: number): Block | undefined;
    • north(steps?: number): Block | undefined;
    • east(steps?: number): Block | undefined;
    • south(steps?: number): Block | undefined;
    • west(steps?: number): Block | undefined;
    • offset(offset: Vector3): Block | undefined;
    • center(): Vector3;
    • bottomCenter(): Vector3;
    • getItemStack 関数が ItemStack または未定義を返すように
  • BlockStates
    • get 関数が BlockStateType または未定義を返すように
  • getSculkSpreader
    • getSculkSpreader が SculkSpreader または未定義を返すように
  • ExplosionAfterEventExplosionBeforeEvent を更新
    • getUpdatedBlocks()Block[] を返すように。
    • setUpdatesBlocks(blocks: Block[])Block[] を取り込むように
  • Player に次のメソッドを追加。playMusic(trackId: string, musicOptions?: MusicOptions): void; queueMusic(trackId: string, musicOptions?: MusicOptions): void; stopMusic(): void;
  • 動的プロパティ
    • プロパティの登録は不要になり、propertyRegistryworldInitialize イベント から削除。
    • エンティティまたはワールドに設定できるプロパティの数とサイズの制限を削除
    • デフォルト値は削除されました。getProperty は、 未設定のプロパティに対して常に未定義を返すように。
    • 文字列の動的プロパティ値の長さが 32767 バイトに制限されるように
  • 動的プロパティ
    • 削除された関数 removeDynamicProperty – プロパティを削除するには、値を undefined にして setDynamicProperty を使用する。
    • 追加された関数 getDynamicPropertyIds – ビヘイビアーパックで使用されるエンティティ/ワールドのすべての動的プロパティ ID の配列を返す。
    • 追加された関数 getDynamicPropertyTotalByteCount – ビヘイビアーパックによってエンティティ/ワールド上のすべての動的プロパティによって使用される合計バイト数を返す
    • 追加された関数 clearDynamicProperties – このビヘイビアーパックによって追加されたすべての動的プロパティをエンティティ/ワールドから削除する
  • 動的プロパティ
    • 動的プロパティ数値が倍精度 (64 ビット) で保存されるようになりました。
  • イベントの前後に PlayerInteractWithBlock + PlayerInteractWithEntity を追加
  • PlayerDimensionChangeBeforeEvent と PlayerDimensionChangeAfterEvent をベータ版に追加
  • エンティティに対して呼び出される matches 関数を追加。この関数はEntityQueryOptions を受け取り、 エンティティが一致する場合は true を返し、そうでない場合は false を返す。
  • PlayerLeaveBeforeEvent を追加 – このイベントは、プレイヤーがサーバーから離れたときに、プレイヤーオブジェクトが削除される前に発生する。
管理人
管理人

だんだんとjava版と仕様が同じになってきてるぞ!

引用元:Minecraft – 1.20.40 (Bedrock)

コメント一覧