アプデ情報

【マイクラ】1.20.5 – Armored Paws アプデ情報まとめ【Java版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【マイクラ】1.20.5 – Armored Paws アプデ情報まとめ【Java版】

新しい機能

  • アルマジロとアルマジロのウロコを追加。
  • オオカミの鎧を追加。
  • オオカミの亜種を追加。

アルマジロ

  • アルマジロは新しい中立的モブ。
  • アルマジロは定期的に、またブラシを使用するとアルマジロのウロコをドロップする。
  • アルマジロはサバンナと荒野バイオームにスポーンする。
  • アルマジロの好物はクモの目。
    • アルマジロはクモの目に誘惑される。
    • 大人のアルマジロ 2 匹にクモの目を与えると繁殖する。
    • 赤ちゃんアルマジロにクモの目を与えると早く成長する。
  • アルマジロは、次のような脅威を検出するとロールアップする。
    • 全力疾走、モブに乗ったり、乗り物に乗ったりするプレイヤー
    • アンデッドモブ
    • 最近攻撃されたモブまたはプレイヤー
  • アルマジロは、次の場合にはロールアップしない。
    • 逃げるとき、水中、空中、またはリードに繋がれている時。
  • アルマジロがロールアップしたとき。
    • 歩かない、食べられない、食べ物に誘惑されない。
    • その甲羅が体を保護し、受けるダメージを軽減し、弱い攻撃に完全に耐える。
    • 脅威をスキャンし続け、時々覗いて周囲を確認する
      • 4 秒間脅威が検出されなかった場合、ロールアップを解除する。
    • クモと洞窟グモはロールアップ状態ではないアルマジロから逃げる。

アルマジロのウロコ

  • アルマジロのウロコは、アルマジロが定期的に、またはアルマジロにブラシを使用したときにドロップ。
  • アルマジロのウロコを使用してオオカミの鎧をクラフトできる。
  • ディスペンサーを使用して、アルマジロのウロコをドロップさせることができる。

オオカミの鎧

  • オオカミの鎧はアルマジロのウロコでクラフトでき、革の鎧と同様の方法で染色できる。
  • オオカミの鎧は、耐久性をすべて失って壊れるまで、ほとんどのダメージ源からオオカミを守る。
  • オオカミの鎧は耐久性が低下するにつれて破損していく。
  • オカミに装備されているときにアルマジロのウロコをオオカミの鎧に使用すると修理される。
  • 鎧を着ているオオカミにハサミを使用すると鎧がドロップする。
  • オオカミの鎧は飼いならされた大人のオオカミにのみ装備できる。
  • オオカミの所有者だけがオオカミの鎧を装備、修理、外すことができる。
  • ディスペンサーはオオカミの鎧を装備したり取り外したりすることはできない。

オオカミの亜種

新しいオオカミの亜種が追加。

  • 白いオオカミ – タイガバイオームにスポーンするおなじみのオオカミの種類。
    • デフォルトのパックサイズは 4。
  • 森のオオカミ – 森林バイオームでスポーンする種類。
    • 森林バイオームは非常に一般的であるため、これはオーバーワールドで見つけることができる主要なオオカミの種類になる。
  • 灰色のオオカミ – 雪のタイガバイオームでスポーンする種類。
  • 黒いオオカミ – マツの原生林バイオームでスポーンする種類。
    • 2 ~ 4 の小さなパックサイズでスポーン。
  • 栗色のオオカミ – トウヒの原生林バイオームでスポーンする種類。
    • 2 ~ 4 の小さなパックサイズでスポーン。
  • 赤茶色のオオカミ – 新しいスポーン場所 – まばらなジャングルバイオームにスポーンする種類。
    • 2 ~ 4 の小さなパックサイズでスポーン。
  • まだら模様のオオカミ – 新しいスポーン場所 – サバンナの高原バイオームにスポーンする種類。
    • 4 ~ 8 の大きなパックサイズでスポーン。
  • しま模様のオオカミ – 新しいスポーン場所 – 森のある荒野バイオームにスポーンする種類。
    • 4 ~ 8 の大きなパックサイズでスポーン。
  • 雪のオオカミ – 林バイオームにスポーンする種類。
    • いつも一人で歩いている珍しいタイプ。

他の方法 (例: スポーンエッグの使用または召喚コマンドの使用) で召喚された場合、バリアントの選択は、次の拡張機能を備えた自然なスポーンバイオームルールに従う。

  • 赤茶色のオオカミ: ジャングルおよび竹林を含むすべてのジャングルバイオームで選択される。
  • まだら模様のオオカミ: サバンナと吹きさらしのサバンナを含むすべてのサバンナバイオームで選択される。
  • しま模様のオオカミ: 荒野および侵食された荒野を含むすべての荒野バイオームで選択される。

進捗

  • 次の進捗が追加。
    • Isn’t it Scute? – ブラシを使用してアルマジロからアルマジロのウロコを取得する。
    • Snip it! – ハサミを使ってオオカミからオオカミの鎧を取り除く。
    • Good as New – アルマジロのウロコを使用して破損したオオカミの鎧を修復する。
    • The Whole Pack – 各オオカミの変種を 1 つ飼いならす。

変更点

  • UI が更新され、より新鮮な外観に。
  • スポーンチャンクのデフォルトサイズを減らし、値を構成可能に。
  • 飼いならされたオオカミの体力とダメージが更新。
  • オオカミのスポーン条件を調整し、粗い土とポドゾルブロックにスポーンできるように。
  • オオカミの首輪のテクスチャを調整し、新しいオオカミの鎧とより一貫性のあるものになった。
  • 林バイオームでスポーンする中立的モブを調整、ウサギ、キツネ、オオカミのみを含むように。
  • 既存のブロック、アイテム、エンティティへの微調整。
  • CJK 文字の日本語バリアントを使用するオプションを追加。
  • Viossa 言語のサポートを追加。
  • エンティティがジ・エンドを離れるか入るとき、エンティティが到着するエリアは、ネザーポータルの動作と一致して、15秒間ロードされたままになる。
  • ゲームのパフォーマンスの改善。
  • 保存およびロード中のエラー処理の改善。

UIのアップデート

UI は、旧画面の本質と感触を維持しながら、より新鮮な外観を実現し、さまざまな UI 要素のレイアウトに関してより一貫性を保つように更新された。

  • メニュー背景の土のテクスチャが、暗い背景に置き換えられた。
    • 土のテクスチャは組み込みの Programmer Art Resource Pack に移動された。
    • ゲームの外では、メインメニューのパノラマがすべての画面の背後に表示される。
    • ゲームでは、すべての画面の背後にワールドが表示される。
    • 暗い背景と組み合わせるとぼかされる。
      • ぼかしの強さはビデオ設定とアクセシビリティ設定で設定できる。
      • コンテナや本などのゲーム内画面は、これらの変更の影響を受けない。
    • タイトルやボタンなどの画面要素が、異なる画面間でより一貫して配置されるように。
    • Realms メニューのワールドのバックアップ画面とプレイヤー画面が更新。
    • リストの上部と下部の境界線が明確に。
    • ボタンのツールチップは、含まれている要素の外側にマウスを移動すると表示されなくなった。
    • エンダードラゴンを倒してエンドポータルに入ると、アニメーション化されたエンドポータル効果に基づいた背景とともにエンドポエムとクレジットが表示されるように。
    • ネザーへの、またはネザーからディメンションを変更するときに、アニメーション化されたネザーポータルテクスチャが表示される。
    • ジ・エンドへの、またはジ・エンドからのディメンションを変更するときに、アニメーション化されたエンドポータル効果が表示されます。

スポーンチャンクの変更

  • スポーンチャンクのサイズが半径 10 (19×19 エンティティティッキングチャンク) から半径 2 (3×3 エンティティティッキングチャンク) に変更された。
    • メモリ使用量、読み込み時間、CPU 使用量を削減するために行われた。
    • 現在この機能を利用しているプレイヤーが引き続き利用できるように、スポーンチャンクを完全には削除しないことに決定。
  • スポーンチャンクのサイズを設定するための新しいゲームルール spawnChunkRadius が追加。
    • 可能な値は 0 ~ 32
      0 はスポーンチャンクを完全に無効にし、10 は変更前と同じ範囲。
    • デフォルト値は 2 で、3×3 エンティティのティックチャンクに相当。
    • これを高い値に設定すると、ランチャーでゲームにさらに多くのメモリを割り当てる必要がある場合がある。

飼いならされたオオカミの健康とダメージ

  • 飼いならされたオオカミの体力は 20 HP (ハート 10 個) ではなく、40 HP (ハート 20 個) になった。
  • 以前のように、ほとんどの環境によるダメージを半減する能力が無くなった。
    • ほとんどの場合、この変更前と変更後で違いはないが、プレイヤーや矢から受けるダメージにより耐えられるようになった。
  • オオカミに餌を与えると回復する HP が 2 倍になった。

ブロック、アイテム、エンティティへの軽微な調整

  • ドロップするカメのウロコの名前を Turtles から Turtle Scutes に変更。
  • クモの巣にユニークなサウンドを追加。
  • アイテムのエンチャントは、それらのアイテムにどのように追加されたかに関係なく、ツールチップに常に同じ順序でリストされるように。
  • ミツバチとオウムの飛行動作を調整し、上下に飛行するときに位置をオーバーシュートしないように。
  • ラマとシュルカーはアーマースタンドを破壊できなくなった。
  • ステータス効果のパーティクルの色が 1 つのパーティクルの色にブレンドされなくなった。
    • すべてのアクティブな可視ステータス効果パーティクルが個別にレンダリングされるように。
  • クリエイティブモードで名前を変更したブロック (チェストなど) を Ctrl キーを押しながら選択すると、名前が変更されたアイテムが表示されるように。
  • Ctrl+ブロックを選択しても、アイテムのツールチップに「(+NBT)」が表示されなくなった。

アクセシビリティ

  • タブまたは矢印キーを使用してナビゲーション中にメニューに入るとき、またはメニューから出るときに、デフォルトのフォーカスが常に設定されるように。
  • メニューが開いているときに背景のぼかしの強度を制御するための新しいアクセシビリティオプションを追加。

日本語フォントのバリエーション

  • 一部の CJK 文字の日本語バリアントを選択するための新しいオプションが追加された。
  • 置換グリフは Unifont フォントの日本語版から取得される。
  • 新しいオプションは、「言語」メニューからアクセスできる新しい「フォント設定」メニューに含まれる。
  • このオプションのデフォルト値は、システムのロケール言語設定に基づく。
  • 「Force Unicode」ボタンは「フォント設定」に移動された。

パフォーマンスの向上

  • ホッパーのパフォーマンスの向上。
  • 上にフルブロックが設置されている場合、ホッパーはアイテムエンティティを拾おうとしなくなった。
    • 養蜂箱およびミツバチの巣はこの対象から除外される。
    • これはホッパー付きのトロッコには影響しない。
  • 埋もれた宝への探検家の地図の生成に必要な時間を短縮。

保存と読み込みの改善

  • シングルプレーヤーでは、チャンクのロードまたは保存中にエラーが発生すると、トーストで警告が表示される。
  • 空きディスク容量が 64 MB 未満でシングルプレイヤーワールドに参加しようとすると、警告画面が表示される。
    • さらに、ゲーム中に警告トーストが定期的に表示される。

技術的な変更

  • データパックのバージョンは 41 に。
  • リソースパックのバージョンは 32 に。
  • ゲームには Java 21 が必要に。
  • ゲームには 64 ビットオペレーティングシステムが必要に。
  • 付属の Java ディストリビューションは、Microsoft ビルドの OpenJDK 21.0.3 になった。
  • カスタムサーバー用の転送パケットと Cookie パケットを追加。
  • 専用サーバーでより高速なリージョンファイル圧縮アルゴリズムを使用するオプションを追加。
  • カスタム圧縮実装に使用するサードパーティサーバー用の予約領域ファイル圧縮 id を追加。
  • ワールドの最適化への変更。
  • サーバー TPS デバッグチャートの改善。
  • サーバーオペレーターに専用サーバー TPS デバッグチャートの表示を許可。
  • 個々のチャンクの読み取り (minecraft.ChunkRegionRead) と書き込み ( ChunkRegionWrite)に JFR (Java Flight Recorder) イベントを追加。

ネットワークプロトコル

  • バニラデータパックの一部を再利用することで、ログイン時にサーバーから送信されるデータ量が削減された。
  • 設定フェーズに入ったときに、クライアントのチャット状態がデフォルトで保存されるように。
  • サーバーから送信されたパケット内の無効なデータにより、ゲームクライアントが切断されるように。
    • 移行期間を緩和するために、MOD サーバーは handshake/game_profile パケットに適切なフィールドを設定することでオプトアウトできる。
    • このオプションは次のリリースで削除される予定。
  • chat_command_signed パケットは chat_command から分割された。
    • 署名された引数を受け入れないコマンドは、署名されていないパケットを使用し、「最後に表示された」チャットの更新を渡さない。

パケットの転送

  • カスタムサーバーは、クライアントが新しいパケットを使用して別のサーバーに接続することを要求できるようになった。
  • クライアントが転送されると、新しい転送インテント (ID 3) でターゲットサーバーに接続する。
  • デフォルトでは、サーバーは受信転送を受け入れず、クライアントを切断する。
  • これは、properties ファイル で accepts-transfers プロパティを true に設定することで変更できる。
  • リソースパックは転送後も維持される。
  • 転送の場合、カスタムサーバーは新しいフラグを使用して認証をスキップできる。

クッキーパケット

  • Cookie パケットにより、カスタムサーバーがクライアントにデータを要求して保存できるようになる。
    • 各 Cookie のサイズは最大 5 KiB
    • Cookie はログイン、設定、再生フェーズ中に要求される場合があるが、保存されるのは設定フェーズと再生フェーズ中のみ。
  • Cookie はサーバー転送後も保持されるが、プレーヤーが切断されると保持されまない。
    • これにより、サーバーは認証やカスタムゲームデータなどの情報を新しいサーバーに渡すことができる。

リージョンファイル圧縮アルゴリズム

  • 3 つの可能な値を持つ 専用サーバー構成プロパティ「 region-file-compression」を追加。
    • deflate は、デフォルトのオプションで古いアルゴリズムを使用
    • lz4 は、LZ4 アルゴリズムを使用、圧縮および解凍に必要な CPU 時間は少なくなるが、より多くのディスク領域が使用される。
    • none はデータを圧縮しない。
      • CPU の使用量は少なくなるが、消費するスペースが大幅に増加、読み取りと書き込みにかなりの時間がかかる。
      • ファイルシステムレベルの圧縮と組み合わせると意味があるかもしれない。
  • 圧縮アルゴリズムを変更してもワールドは自動的に再圧縮されない
    • 新しいチャンクまたは更新されたチャンクは新しく構成されたアルゴリズムを使用するが、古いチャンクは以前の形式のままになる。

サードパーティサーバー用に予約された圧縮 ID

  • 圧縮 ID  127 をリージョンファイル圧縮のカスタム実装に使用できるようになった。
  • 使用する場合、バージョン ID の後に、使用するカスタムアルゴリズムを表す名前空間文字列を続ける必要がある。

ワールドを最適化する変更

  • シングルプレイヤーワールドの最適化と強制的な専用サーバーの ForceUpgrade によって、ワールドのエンティティと poi ディレクトリのコンテンツもアップグレードされるように。
  • 新しい recreateRegionFiles 専用サーバー起動パラメータ
    • これは、 ForceUpgrade と同様のワールド最適化をトリガーするが、アップグレードされているかどうかに関係なく全てのチャンクを書き換える。
    • これにより、新しくデフラグされたリージョンファイルが作成される。
    • リージョンファイル圧縮サーバープロパティを変更した後にこのパラメータを使用すると、すべてのリージョンファイルが新しい形式で再圧縮される。

サーバー TPS デバッグ チャートを改善

  • シングルプレイヤーの世界でF3 + 2を押すとアクセスできる。
  • グラフの下部の濃い赤色のセクションには、サーバーティックのメインロジック中に費やされた時間が表示される(旧チャートで表示されていた値と同じ)
  • 薄茶色のセクションには、スケジュールされたタスクの実行に費やされた時間が表示される。
  • 紫色のセクションには、ティック中に他のすべてのコードの実行にかかった時間が表示される。
  • 上部の薄緑色 (ラグに応じて黄色または赤) のセクションには、次のティックを待つためにアイドル状態で費やした時間が表示される。
  • min、avg、max の集計値は、最初の 3 つのセクションの合計に基づく。
  • サーバーオペレーターは、専用サーバーに接続しているときに TPS デバッグチャートを表示できるように。

チャット

  • クライアントのチャット状態 (画面上のメッセージとチャット入力履歴) は、構成フェーズの開始時および終了時にクライアントによって保存されるように。
  • メッセージ署名チェーンの処理は変更されない
    • 構成フェーズに入ることで新しいセッションが開始される。
  • クライアントにメッセージ遅延が設定されている場合、保留中のメッセージはワールドを離れる直前に配信される。
  • サーバーは設定フェーズで reset_chat パケットを送信することでチャット状態をクリアできる。

データ パック バージョン 27 ~ 41

ゲームで使用されるデータ パックのバージョンは 41 に。

これらは、1.20.4 で使用されたバージョン 26 と比較した変更点。

  • scute アイテムの名前を Turtle_scute に変更。
  • アイテムスタックデータ形式が変更され、アイテムスタックコンポーネントが導入された。
  • 多くの新しい属性を追加。
  • 新しいルート機能を追加。
  • 新しい進歩述語を追加。
  • 新しいタグを追加。
  • レシピ結果でコンポーネントデータを指定できるように。
  • 旗の模様とオオカミの亜種用のデータ駆動型レジストリを追加。
  • コマンドとエリアエフェクトクラウドのパーティクル表現が変更された。

アイテムデータフォーマット

  • アイテムのスタック (タグフィールド)に添付された非構造化 NBT データは、構造化された「components」に置き換えられた。
    • このデータは、アイテムがロードされるときに解析および検証される。
    • これにより、アイテムデータが頻繁に比較または要求され、解析される特定のシナリオ (アーマートリムレンダリングなど) でのパフォーマンスが向上する。
    • カスタムデータは引き続き minecraft:custom_data コンポーネントに保存できる。
  • アイテムタイプ (例: Minecraft:stick) は、個々のアイテムスタックがオーバーライドできるアイテムのデフォルトコンポーネントのセットを保持する。
  • シリアル化されたアイテムとデータパック内のアイテムの形式が、一貫性を確保し、コンポーネントをサポートするために更新された。
  • コンポーネントをサポートするためにコマンドの項目構文が更新された。
  • 高度なツールチップが有効になっている場合 (F3+H)、タグの数ではなくコンポーネントの数が表示される。
  • アイテムのデフォルトのコンポーネント値が、reports ディレクトリに生成された items.json にリストされるようになった。
  • ブロック定義が blocks.json レポートに追加 (注: これらの定義はまだ使用されておらず、情報提供のみを目的としている)

移行されたアイテムスタックコンポーネント

これらは、アイテム NBT で以前に指定されていた既存の機能を置き換えるアイテムスタックコンポーネント。

これらの形式を使用するには、すべてのコマンドとデータ定義をアップグレードする必要がある。(ただし、ワールド内のアイテムは自動的にアップグレードされる)

minecraft:custom_data
  • アイテムのカスタムデータストレージに使用できる。
  • ワールドをアップグレードすると、アイテムタグ内のゲーム以外のデータはここに移動される。
  • 形式: 任意のフィールドを持つオブジェクト
    • 例:  custom_data={some:’data’}
  • set_custom_data および copy_custom_data ルート関数を使用して変更できる。
minecraft:damage
  • アイテムから削除される耐久性の量。
  • 取り外してもアイテムはダメージを受けない。
  • Damage タグを置き換える。
  • 形式: 負でない整数
    • 例: damage=12
  • 損傷するアイテムの場合、暗黙的なデフォルト値は 0 。
  • set_damage ルート関数で変更可能。
minecraft:repair_cost
  • 金床内のアイテムを変更するために必要な追加の経験コスト。
  • RepairCost タグを置き換える。
  • 形式: 負でない整数
    • 例:repair_cost=12
  • 設定されていない場合、暗黙的なデフォルト値は 0 になる。
minecraft:unbreakable
  • 設定すると、使用時にアイテムの耐久性が失われない。
  • Unbreakable のブール値タグを置き換える。
  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • show_in_tooltip: ブール値 (デフォルト: true)
      • trueの場合、「Unbreakable」行がツールヒントに含まれる。
      • HideFlags タグの 3 番目のビットを置き換える。
    • 例:  unbreakable={}、unbreakable={show_in_tooltip:false}
minecraft:enchantments
  • アイテムのエンチャントとそのレベルのリストを保存する。
  • Enchantments タグを置き換える。
  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • level: エンチャントのオブジェクト (ID 文字列) からレベル (整数 [0; 255])
    • show_in_tooltip: ブール値 (デフォルト: true)
      • false の場合、アイテムのツールチップにエンチャントは表示されない。
      • HideFlags タグの最初のビットを置き換える。
    • 例: enchantments={levels:{‘minecraft:protection’:2},show_in_tooltip:false}
    • あるいは、レベルへのエンチャント ID のインライン マップとして定義することもできます
      • 例: エンチャント={鋭さ:1}
    • 設定されていない場合、暗黙的なデフォルト値は {levels:{}} になる。
    • set_enchantments、enchant_randomly、および enchant_with_levels ルート関数を使用して変更できる。
minecraft:stored_enchantments
  • エンチャントの本のリストとエンチャントのレベルを保存する。
  • エンチャントによって提供される効果は、このコンポーネントからは適用されない。
  • エンチャントされた本の StoredEnchantments タグを置き換える。
  • 形式: Minecraft:enchantments と同じ。
    • show_in_tooltip 値は HideFlags タグ の 6 番目のビットを置き換える。
  • エンチャントされた本では、暗黙のデフォルト値は {levels:{}} になる。
minecraft:custom_name
  • アイテムのカスタム名のオーバーライド。
  • display.Name タグを置き換える。
  • 形式: JSON チャットコンポーネント文字列
    • 例: custom_name='{“text”: “This item is renamed!”, “color”: “red”}’
  • set_name ルート関数で変更できる。
minecraft:lore
  • アイテムのツールチップに含める追加行。
  • display.Lore タグを置き換える。
  • 形式: JSON チャットコンポーネント文字列のリスト (最大: 64 エントリ)
    • 例: lore=[‘{“text”: “The cake is a lie!”}’]
  • 設定されていない場合、暗黙的なデフォルト値は [] になる。
  • set_lore ルート関数で変更できる。
minecraft:can_break
  • アドベンチャーモードでプレイヤーをブロックしているコントロールは、このアイテムで破壊できる。
  • CanDestroy タグを置き換える。
    • 以前はフラット文字列として保存されていたが、現在はルートテーブルや進捗ですでに使用されているブロック述語形式を使用。
  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • predicates: ブロック述語のリスト
      • blocks: block、blocks のリスト、またはハッシュ接頭辞が付いた block タグ
      • nbt: 一致するブロックエンティティ NBT
      • state: 状態プロパティのキーと一致する値のマップ
    • show_in_tooltip: ブール値 (デフォルト: true)
      • HideFlags タグの 4 番目のビットを置き換える。
    • 例: can_break={predicates:{blocks:’minecraft:furnace’,state:{facing:’north’}}
    • あるいは、単一のブロック述語で表すこともできる。
      • 例: can_break={blocks:’minecraft:stone’}
minecraft:can_place_on
  • アドベンチャーモードのプレイヤーがこのアイテムを使用して配置できるブロックのコントロール。
  • CanPlaceOn タグを置き換える。
  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • predicates: ブロック述語のリスト
      • can_break.predicates と同じ
    • show_in_tooltip: ブール値 (デフォルト: true)
      • HideFlags タグの 5 番目のビットを置き換える。
    • 例: can_place_on={predicates:{blocks:’minecraft:furnace’,state:{facing:’north’}}
    • あるいは、単一のブロック述語で表すこともできる。
      • 例: can_place_on={blocks:’minecraft:stone’}
minecraft:dyed_color
  • 染色可能なアイテムに適用される色を表す (#minecraft:dyeable タグ)
  • color タグを置き換える。
  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • rgb: 整数、RGB 値
    • show_in_tooltip: ブール値 (デフォルト: true)
      • HideFlags タグの 7 番目のビットを置き換える。
    • 例: dyed_color={rgb:16711680}
    • あるいは、インライン整数 RGB 値として定義することもできる。
      • 例: dyed_color=16711680
minecraft:attribute_modifiers
  • 任意のアイテムに適用される属性修飾子を保持する。
  • AttributeModifiers タグを置き換える。
  • 形式: フィールドを持つオブジェクト (デフォルト: {modifiers:[]})
    • modifiers: 属性修飾子のリスト
        • type: 属性 ID
          • AttributeName を置き換える。
        • slot: 次のいずれか:
          • any (デフォルト)
          • hand: メインまたはオフハンド (新規)
          • armor: 任意の防具スロット (新規)
          • mainhand
          • offhand
          • head
          • chest
          • legs
          • feet
          • body (新規)
          • 修飾子は、アイテムが指定されたスロットに装備されている場合にのみ適用される。
          • スロットを置き換える。
        • uuid: uuid、この修飾子を固有に表す。
          • 同じ ID を持つ修飾子は 1 つだけ存在できる。
          • UUID を置き換える。
        • name: string、人間が読める名前
          • Name を置き換える。
        • amount : double、この属性を変更する単位の数 (operationによって制御)
          • Amount を置き換える。
        • 操作: 次のいずれか:
          • add_value (以前は 0):  属性に量を追加
          • add_multiplied_base (以前は 1): amount * ベース値を属性に追加。
          • add_multiplied_total (以前は 2): amount * 合計値 (以前のすべての修飾子から) を属性に追加。
          • Operation を整数 ID に置き換える。
        • show_in_tooltip: ブール値 (デフォルト: true)
          • HideFlags タグの 2 番目のビットを置き換える。
        • 例: attribute_modifiers={modifiers:[type:’minecraft:generic.scale’,uuid:[1,2,3,4],name:’Big!’,amount:1.0,operation:’add_multiplied_base’]}
        • あるいは、修飾子の直接リストとして定義することもできます
          • 例:  attribute_modifiers=[{type:’generic.scale’,uuid:[1,2,3,4],name:’Big!’,amount:1.0,operation:’add_multiplied_base’}]
        • 設定されていない場合は、アイテムタイプのデフォルト属性 (武器の攻撃ダメージなど) に基づいた暗黙のデフォルト値が設定される。
        • set_attributes ルート関数で変更できる。
minecraft:charged_projectiles
  • クロスボウに装填されたすべての発射体を保持する。
  • 存在しない場合、クロスボウは装填されない。
  • Charged タグと ChargedProjectiles タグを置き換える。
  • 形式: アイテムスタックのリスト
    • 空/空気アイテムは保管できない。
    • 例:  charged_projectiles=[{id:’minecraft:arrow’}]
    • エントリー数が 3 つに制限されなくなった。
  • modify_contents および set_contents ルート関数を使用して変更できる。
minecraft:intangible_projectile
  • 発射時に発射アイテムが無形であることを示すマーク (つまり、クリエイティブモード プレイヤーのみが拾うことができる)
  • アイテムがクロスボウの charged_projectiles コンポーネント内にある場合にのみ設定される。
  • 形式: 空のオブジェクト
    • 例: anonymous_projectile={}
minecraft:bundle_contents
  • バンドル内に保存されているすべてのアイテムを保持する。
  • 削除すると、アイテムをバンドルに追加できなくなる。
  • Items タグを置き換える。
  • 形式: アイテムスタックのリスト
    • 空/空気アイテムは保管できない。
    • 例: bundle_contents=[{id:’minecraft:poisonous_potato’}]
  • バンドルでは、暗黙的なデフォルト値は [] になる。
  • modify_contents および set_contents ルート関数を使用して変更できます。
minecraft:map_color
  • 地図アイテムの装飾の色合いを表す。
  • MapColor タグを置き換える。
  • 形式: 整数、RGB 値
    • 例: map_color=16711680
  • 地図では、暗黙的なデフォルト値は 4603950 になる。
minecraft:map_decorations
  • 地図上に配置されるマーカーのリストを保持 (探検家の地図に使用される)。
  • Decorations タグを置き換える。
  • 形式: 固有の装飾 ID から装飾へのマップ
    • type: 次のいずれか:
      • player (以前は 0)
      • frame (以前は 1)
      • red_marker (以前は 2)
      • blue_marker (以前は 3)
      • target_x (以前は 4)
      • target_point (以前は 5)
      • player_off_map (以前は 6)
      • player_off_limits (以前は 7)
      • mansion (以前は 8)
      • monument (以前は 9)
      • banner_white (以前は 10)
      • banner_orange (以前は 11)
      • banner_magenta (以前は 12)
      • banner_light_blue (以前は 13)
      • banner_yellow (以前は 14)
      • banner_lime (以前は 15)
      • banner_pink (以前は 16)
      • banner_gray (以前は 17)
      • banner_light_gray (以前は 18)
      • banner_cyan (以前は 19)
      • banner_purple (以前は 20)
      • banner_blue (以前は 21)
      • banner_brown (以前は 22)
      • banner_green (以前は 23)
      • banner_red (以前は 24)
      • banner_black (以前は 25)
      • red_x (以前は 26)
      • village_desert (以前は 27)
      • village_plains (以前は 28)
      • village_savanna (以前は 29)
      • village_snowy (以前は 30)
      • village_taiga (以前は 31)
      • jungle_temple (以前は 32)
      • swamp_hut (以前は 33)
      • trial_chambers (新規)
      • タイプバイトを数値IDに置き換える。
    • x: double、ワールド座標
    • z: double、ワールド座標
    • rotation: 浮動小数点数、北からの時計回りの回転 (度単位)
      • ロットダブルを置き換える。
    • 例:  map_decorations={‘Some marker’:{type:’target_x’,x:123.0,z:-45.0,rotation:0.0f}}
  • 地図では、暗黙的なデフォルト値は {} になる。
minecraft:map_id
  • 地図のマップコンテンツとマーカーを保持する共有マップ状態を参照する。
  • マップタグを置き換える。
  • 形式: 整数ID
    • 例:map_id=1
minecraft:custom_model_data
  • アイテムモデルの minecraft:custom_model_data プロパティを選択することで、アイテムのモデルを置換するために使用できる。
  • CustomModelData タグを置き換える。
  • 形式: 整数値
    • 例: custom_model_data=43
  • set_custom_model_data ルート関数で変更可能
minecraft:potion_contents
  • ポーション (ポーション、スプラッシュ ポーション、残留ポーション)、またはアイテムに適用されたポーション (効能付きの矢) の内容を保持する。
  • Potion、CustomPotionColor、および Custom_potion_Effects タグを置き換える。
  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • potion: ポーション ID (オプション)
      • このアイテムのポーションタイプ: アイテムはこのアイテムからすべての効果を継承する。
    • Custom_color: 整数、RGB 値 (オプション)
      • ポーションの視覚的な色をオーバーライドする。
    • Custom_Effects: エフェクトインスタンスのリスト (デフォルト: [])
      • このアイテムが適用するカスタム効果の追加リスト。既存のポーションでは表現できない可能性がある。
    • 例:  potion_contents={potion:’minecraft:invisibility’,custom_color:16711680}
    • あるいは、単一のポーション ID として定義することもできる。
      • 例:  potion_contents=”invisibility”
  • ポーションまたは効能付きの矢の暗黙のデフォルト値は {} になる。
  • set_potion ルート関数で変更できる。
minecraft:writable_book_content
  • 本と羽根ペンに中身を入れる。
  • page と filtered_pa​​ges タグを置き換える。
    • page はマップを直接リストし、{raw:’…’} でラップする。
    • filtered_pa​​ges は、インデックスキーによってフィルターされたフィールド の下の関連するページエントリにプルされる。
  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • page: 次のいずれかのリスト:
      • フィールドを持つオブジェクト
        • raw: 文字列、page のプレーンテキストの内容
        • filtered: 文字列、filtered_pages の内容 (オプション)
          • 指定した場合、チャットフィルターが有効になっているプレイヤーには raw の代わりにこのページが表示される。
        • または: 文字列、page のプレーンテキストの内容
      • 例:  writable_book_contents={pages:[’Hello world!’]} または writable_book_content={pages:[{raw:’Hello world!’}]}
    • 本と羽根ペンの暗黙的なデフォルト値は {pages:[]} になる。
    • set_writable_book_pages ルート関数で変更できる。
minecraft:written_book_content
  • 記入済みの本の内容とメタデータを保持する。
  • Pages、filtered_pa​​ges、title、filtered_title、author、generation、および resolved タグを置き換える。
  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • pages: フィルタリングされたチャットコンポーネントのリスト
      • writable_book_contents ページと同じフォーマットだが、フォーマット可能な JSON チャットコンポーネント文字列を使用する。
    • title: フィルタリングされた文字列 (ページと同じ形式)
    • author: 文字列、プレイヤー名
    • generation: 整数 [0; 2]
      • この本がコピーされた回数 (0= オリジナル)
    • resolved: ブール値
      • この本のチャットコンポーネントがすでに解決されている場合は true (エンティティセレクター、スコアの置換)
      • false の場合、プレイヤーが開いたときに解決される。
    • 例: Written_book_contents={pages:[’Hello world!’],title:{raw:’A delightful read’},author:’Herobrine’,generation:1,resolved:true}
  • set_write_book_pages および set_book_cover ルート関数を使用して変更できる。
minecraft:trim
  • アイテムに適用されたトリムを保持する。
    • コンポーネントの存在は #minecraft:trimmable_armor タグによって制限されなくなった (ただし、このタグは依然としてレシピに使用できる)
  • 同じ形式の Trim タグを置き換える。
  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • pattern: パターン ID (またはインラインパターン)
    • material: マテリアル ID (またはインラインマテリアル)
    • show_in_tooltip: ブール値 (デフォルト: true)
      • HideFlags タグの 8 番目のビットを置き換える。
    • 例: trim={pattern:’minecraft:silence’,material:’minecraft:redstone’}
minecraft:suspicious_stew
  • 怪しげなシチューを摂取したときに適用される効果を保持する。
  • 同じ形式の effects タグを置き換える。
  • 形式: フィールドを含むエフェクトオブジェクトのリスト
    • id: エフェクト ID
    • duration: 整数、ティック数 (デフォルト: 160)
    • 例: suspicious_stew=[{id:’minecraft:poison’}]
  • 怪しげなシチューの暗黙のデフォルト値は [] になる。
  • set_stew_effect ルート関数で変更できる。
minecraft:hide_additional_tooltip
  • 存在する場合、アイテムタイプからの「additional」ツールチップ部分を無効にする。
  • HideFlags タグの 6 番目のビットを置き換える。
  • 形式: 空のオブジェクト
    • 例: Hide_Additional_tooltip={}
minecraft:debug_stick_state
  • デバッグ棒で使用される選択したブロック状態プロパティを保存する。
  • DebugProperty タグを置き換える。
  • 形式: ブロック ID からブロックプロパティ名へのマップ
    • 例: debug_stick_state={‘minecraft:turtle_egg’:’eggs’,’minecraft:furnace’:’facing’}
  • デバッグ棒の暗黙的なデフォルト値は {} になる。
minecraft:entity_data
  • スポーンエッグや防具立てなど、エンティティを生成するアイテムを使用するときにエンティティに適用する非構造化NBTデータを保存する。
  • 以前の EntityTag タグを同じ動作で置き換える。
  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • エンティティタイプの ID フィールドが含まれている必要があります
    • 追加フィールドは生成時にエンティティにマージされる。
    • 例: entity_data={id:’minecraft:pig’,Health:1.0f}
minecraft:bucket_entity_data
  • バケットから配置されたときにエンティティに適用する非構造化 NBT データを保存する。
  • NoAI、Silent、NoGravity、Glowing、Invulnerable、Health、Age、Variant、HuntingCooldown、および BucketVariantTag タグを置き換える。
  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • 上記のフィールドのいずれかを含めることができ、配置時にエンティティに適用される。
    • 例: bucket_entity_data={NoAI:1,Age:43}
  • バケット化されたモブアイテムの、暗黙的なデフォルト値は {} になる。
minecraft:instrument
  • ヤギの角笛で使用される楽器のタイプを保持する。
  • 同じ形式の instrument タグを置き換える。
  • 形式: 楽器 ID
    • 例: instrument=’minecraft:ponder_goat_horn’
  • set_instrumentルート関数で変更可能
minecraft:recipes
  • 知恵の本を使用するときにロックを解除する必要があるレシピのリスト
  • 同じ形式の Recipes タグを置き換える。
  • 形式: レシピ ID のリスト
    • 例: Recipes=[‘minecraft:acacia_boat’,’minecraft:anvil’]
  • 知恵の本の暗黙的なデフォルト値は [] になる。
minecraft:lodestone_tracker
  • 存在する場合、コンパスが指すターゲットのロードストーンを指定する。
  • LodestonePos、LodestoneDimension、および LodestoneTracked タグを置き換える。
  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • target: フィールドを持つオブジェクト (オプション)
      • pos: x、y、z の整数配列
      • dimension: ディメンション ID
      • 存在しない場合、コンパスは回転する。
    • tracked: ブール値 (デフォルト: true)
      • true の場合、ターゲット位置の Lodestone が削除されると、コンポーネントが削除される。
    • 例: lodestone_target={pos:[13,64,-43],dimension:’minecraft:the_nether’}
minecraft:firework_explosion
  • 花火の星に作成された爆発を格納する。
  • Type、Explosion.Colors、Explosion.FadeColors、Explosion.Trail、および Explosion.Flicker タグを置き換える。
  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • shape: 次のいずれか
      • small_ball (以前は 0)
      • large_ball (以前は 1)
      • star (以前は 2)
      • creeper (以前は 3)
      • burst (以前は 4)
      • Type の数値 ID を置き換える。
    • color: 整数配列、RGB 値 (デフォルト: [])
      • 初期パーティクルの色のリスト。ランダムに選択される。
    • fade_colors: 整数配列、RGB 値 (デフォルト: [])
      • フェードするパーティクルの色のリスト。ランダムに選択される。
    • has_trail: ブール値 (デフォルト: false)
    • has_twinkle: ブール値 (デフォルト: false)
      • Flicker タグから名前変更。
    • 例: firework_explosion={shape:’large_ball’,colors:[16711680],has_trail:true}
  • set_firework_explosion ルート関数で変更できる。
minecraft:fireworks
  • ロケット花火に作成されたすべての爆発と飛行時間を保存する。
  • Explosions および Fireworks.Flight タグを置き換える。
  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • explosions: explosions のリスト (最大: 256 エントリ)
      • Minecraft:firework_explosion コンポーネントと同じ形式。
    • Flight_duration: 符号なしバイト、このロケット内の火薬の数。
    • 例: fireworks={explosions:[{shape:’large_ball’,colors:[16711680],has_trail:true}],flight_duration:2}
  • Firework Rocket の暗黙的なデフォルト値は {explosions:[],flight_duration:1} になる。
  • set_fireworks ルート関数で変更できる。
minecraft:profile
  • プレイヤーの頭に表示されるスキンを制御する。
  • 設置時にプレイヤーの頭ブロックにコピーされる。
  • SkullOwner タグを置き換える。
  • name のみを指定した場合は、対応するプレイヤー ID とスキンデータに解決される。
  • 名前による解決のみをサポートしていた SkullOwner とは異なり、id のみを指定した場合、プロファイルとスキンはこの UUID から解決される。
  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • name: 文字列、プレイヤープロフィール名
      • 有効なプレイヤー名である必要がある。(最大 16 文字、スペースや特殊文字は使用できない)
      • これは以前のデータ形式に存在する可能性があるが、スキンに解決されないため、設置および破壊時に永続化される item_name コンポーネントに置き換えられる。
    • id: uuid、プレイヤープロフィール ID (オプション)
    • properties: properties のリスト (オプション)
      • name: 文字列、プロパティ名 (例: textures)
      • value: 文字列 (base64 でエンコードされたテクスチャデータ)
      • signature: 文字列 (オプション)
    • 例: profile={name:’MHF_Sheep’}
    • あるいは、単純なプレイヤープロファイル名の文字列として定義することもできる。
      • 例:  profile=’MHF_Sheep’
    • fill_player_head ルート関数で変更できる。
minecraft:note_block_sound
  • ノートブロック上に配置されたプレイヤーの頭によって再生されるサウンドを制御する。
  • 設置時にプレイヤーの頭ブロックにコピーされる。
  • note_block_sound タグを置き換える。
  • 形式: サウンドイベント ID
    • 例: note_block_sound=’minecraft:ambient.cave’
minecraft:base_color
  • 盾のベースカラーを保存する。
  • Base タグを置き換える。
  • 形式: 次のいずれか
    • white (以前は 0)
    • orange (以前は 1)
    • magenta (以前は 2)
    • light_blue (以前は 3)
    • yellow (以前は 4)
    • lime (以前は 5)
    • pink (以前は 6)
    • gray (以前は 7)
    • light_gray (以前は 8)
    • cyan (以前は 9)
    • purple (以前は 10)
    • blue (以前は 11)
    • brown (以前は 12)
    • green (以前は 13)
    • red (以前は 14)
    • black (以前は 15)
    • 例: base_color=’magenta’
minecraft:banner_patterns
  • 旗または盾に適用される追加のパターンを保存する。
  • 配置時にバナーブロックにコピーされる。
  • Patterns タグを置き換える。
  • 形式: バナーパターン一覧
    • pattern: バナーパターンのレジストリ ID
      • Patterns[].Pattern 内の短いバナーパターンコードを置き換える。
    • color: 染料の色名
      • Patterns[].Color の整数の染料カラー ID を置き換える。
    • 例: Banner_patterns=[{pattern:’minecraft:strip_top’,color:’red’}]
  • 旗と盾の暗黙的なデフォルト値は [] になる。
  • set_banner_pattern ルート関数で変更できる。
minecraft:pot_decorations
  • 飾り壺の側面に適用された破片を保管する。
  • 設置時に飾り壺ブロックにコピーされる。
  • 同じ形式の sherds タグを置き換える。
  • 形式: シャードアイテム ID のリスト
    • 例:  [‘arms_up_pottery_sherd’,’angler_pottery_sherd’,’danger_pottery_sherd’,’shelter_pottery_sherd’]
  • 飾り壺の暗黙的なデフォルト値は [‘minecraft:brick’,’minecraft:brick’,’minecraft:brick’,’minecraft:brick’] になる。
minecraft:container
  • コンテナブロック (チェスト、シュルカーボックス) の中身をアイテムの形で保持する。
  • 設置時にコンテナブロックにコピーされる。
  • Items タグを置き換える。
  • 形式: スロットのリスト
    • slot: 整数 [0; 255]、コンテナ内のスロットを表す。
    • item: アイテムスタック
    • 例: container=[{slot:7,item:{id:’diamond_pickaxe’,components:{‘minecraft:unbreakable’:{}}}}]
  • コンテナブロックでは、暗黙的なデフォルト値 [] が設定される。
  • modify_contents および set_contents ルート関数を使用して変更できる。
minecraft:bees
  • ミツバチを養蜂箱またはミツバチの巣に保持する。
  • 設置時に養蜂箱またはミツバチの巣にコピーされる。
  • Bees タグを置き換える。
  • 形式: ミツバチのリスト
    • entity_data: 文字列から文字列へのマップ
      • id: エンティティ ID
      • 残りのタグはスポーン時に Bee にマージされた。
    • Nicks_in_hive: 整数
    • min_ticks_in_hive: 整数
    • 例: bees=[{entity_data:{id=’minecraft:bee’},ticks_in_hive:3,min_ticks_in_hive:10}]
  • Beehive および Bee Nest の暗黙的なデフォルト値は [] になる。
minecraft:lock
  • コンテナ状のブロックのロック状態を保持する。
    • このコンテナを開くには、同じ値のカスタム名を持つアイテムを使用する必要がある。
  • 設置時にコンテナブロックにコピーされる。
  • Lock タグを置き換える。
  • 形式: キーを表す文字列値
    • 例: lock=’hunter2′
minecraft:container_loot
  • 未解決のルートテーブルとコンテナのようなブロックのシードを保持する。
  • 設置時にコンテナブロックにコピーされる。
  • LootTable タグと BlockEntityTag.LootTableSeed タグを置き換えます
  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • loot_table: ルートテーブルID
    • seed: ルートテーブルを解決するための長い擬似ランダムシード (オプション)
      • 指定しない場合、または 0 の場合、ルートテーブルの評価時にシードがランダムに選択される。
    • 例: container_loot={loot_table:’minecraft:chests/buried_treasure’,seed:123}
  • set_loot_table ルート関数で変更できる。
minecraft:block_entity_data
  • チェストやかまどなどのブロックを設置するときにブロックエンティティに適用する非構造化 NBT データを保存する。
  • 以前の BlockEntityTag タグを同じ動作で置き換える。
  • 専用のアイテムコンポーネントに移動されたブロックエンティティデータは、このタグから削除される。
  • コマンドブロック、書見台、看板、スポナーの場合: プレイヤーがオペレーターでない限り、このタグはコピーされない。
  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • ブロックエンティティタイプの ID フィールドが含まれている必要がある。
    • 追加のフィールドは設置時にブロックエンティティにマージされる。
    • 例: block_entity_data={id:’minecraft:chest’,Items:[{Slot:1,item:’minecraft:diamond’}]}
minecraft:block_state
  • ブロックを配置するときに適用するブロック状態プロパティを保持する。
  • BlockStateTag タグを置き換える。
  • 形式: プロパティキーとプロパティ値のマップ
    • 整数型やブール型を含むすべてのプロパティ値は文字列として表す必要がある。
    • 例: block_state={eggs:’10’}

新しいアイテムスタックコンポーネント

これらは、以前の item タグには存在しなかった新しいコンポーネントであり、新しい機能とユースケースをサポートする。

minecraft:enchantment_glint_override
  • アイテムのエンチャントの輝き効果をオーバーライドする。
  • 無効な Enchantments タグが以前に輝きを追加するように動作するのと同じ方法で使用できる。
  • 形式: ブール値
    • true の場合、エンチャントの輝きのないアイテムには輝きが表示される。
    • false の場合、輝きのあるアイテムはこの輝きを表示しない (エンチャントまたはアイテムの固有のプロパティのいずれかによる)
    • 例: enchantment_glint_override=true
minecraft:food
  • 存在すると、このアイテムは食べ物のように動作する。(食べることができる)
  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • nutrition: 自然数、食べたときに回復する食料ポイントの数。
    • saturation: 浮動小数点数、食べたときに回復する満腹度の量。
    • can_always_eat: ブール値 (デフォルト: false)
      • true の場合、この食べ物はお腹が空いていなくても食べられる。
    • eat_ Seconds: 浮動小数点数 (デフォルト: 1.6)
      • この食品を食べるのにかかる秒数。
    • effects: 食べたときに適用する効果のリスト (デフォルト: [])
      • effect : エフェクトインスタンス ( minecraft:potion_contents コンポーネントの Custom_Effects と同じ形式)
      • probability: 0 から 1 までの浮動小数点数、効果が適用される確率 (デフォルト: 1)
    • 例: food={nutrition:4,saturation_modifier:0.1}
  • 食品には、その食品タイプの暗黙的なデフォルト値がある。
minecraft:max_stack_size
  • このアイテムの最大スタックサイズを制御。
  • 1 より大きい値は max_damage コンポーネントと相互に排他的。
  • 形式: 1 ~ 99 の整数
    • 例: max_stack_size=4
  • アイテムタイプに応じた暗黙のデフォルト値がある。(通常は 64)
minecraft:max_damage
  • アイテムが受けるダメージの最大量を制御。
  • 1 より大きいmax_stack_sizeコンポーネントとは相互に排他的。
  • ダメージコンポーネントもアイテムに存在する必要がある。
  • 存在しない場合、アイテムが損傷しない。
  • 形式: 正の整数
    • 例: max_damage=123
  • ダメージを受けるアイテムには暗黙のデフォルト値がある。
minecraft:tool
  • ツールとしてのアイテムの動作を制御。
  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • rules: ルールエントリのリスト
      • blocks: 一致する単一のブロック、ブロックのリスト、または#プレフィックスが付いたブロック タグ
      • speed (オプション): 浮動小数点数、採掘速度が存在し、一致する場合はそれを上書きする。
      • correct_for_drops (オプション): ブール値、このツールが存在し、一致する場合に「correct」と見なされるかどうかを上書きする。
        • true にすると、ブロックは最も効率的な速度で採掘され、ターゲットのブロックがそれを必要とする場合にアイテムをドロップする。
      • default_mining_speed: 浮動小数点数、ルールが一致しない場合に使用され、採掘速度を上書きする採掘速度 (デフォルト: 0)
      • damage_per_block: 非負の整数、このツールでブロックが採掘されるたびに削除される耐久性の量。
      • 例:  tool={rules:[{blocks:”#mineable/pickaxe”,speed:4.0,correct_for_drops:true}]}
    • バニラツールアイテムには、階層とツールタイプに基づいた暗黙的なデフォルト値がある。
minecraft:hide_tooltip
  • 存在する場合、アイテムのツールチップ全体 (アイテム名を含む) が完全に非表示になる。
  • ツールチップはクリエイティブモードでも引き続き表示され、検索可能。
  • 形式: 空のオブジェクト
minecraft:item_name
  • 存在する場合、デフォルトのアイテム名が含まれるチャットコンポーネントに置き換えられる。
  • Custom_name との違い:
    • item_name は、金床で変更または削除できない。
    • item_name は、プレイヤーに表示されるときに斜体でスタイル設定されない。
    • item_name は、該当する場合にラベルが表示されない (例: 旗マーカー、アイテムフレーム内の名前)。
  • set_name ルート関数で変更できる。
minecraft:fire_resistant
  • 存在する場合、このアイテムは火の中で燃えない。
  • 形式: 空のオブジェクト
    • 例: fire_ resistance={}
  • ネザライトなどの耐火性アイテムには暗黙のデフォルト値がある。
minecraft:rarity
  • アイテム名の色を制御。
  • 形式: 列挙値、次のいずれか:
    • common (デフォルト): 白い名前、またはエンチャントされている場合は水色。
    • uncommon: 黄色の名前、またはエンチャントされている場合は水色。
    • rare: 水色の名前、またはエンチャントすると薄紫
    • epic: 薄紫の名前
    • 例: rarity=rare
  • 金のリンゴなどの特別なアイテムには暗黙的なデフォルト値がある。
minecraft:ominous_bottle_amplifier
  • 不吉なボトルの不吉な予感効果の増幅量を制御。
  • 形式: 0 ~ 4 の整数
    • 例: ominous_bottle_amplifier=3
  • set_ominous_bottle_amplifier ルート関数で変更できる。

保存されたアイテムのスタック形式

  • コンポーネントによる形式の変更に伴い、ディスク上およびデータパック内のアイテムスタックの構造が一貫性を保つために更新。
  • 以前の id (文字列) フィールドと Count (バイト) フィールドは、id (名前空間文字列) フィールドと count (整数) フィールドに置き換えられた。
    • この形式はさらに、進捗の icon フィールド、チャットコンポーネントのホバーイベントのアイテム、クラフトレシピの result フィールドにも適用される (result と count はインライン化されなくなった)。
  • count フィールドはオプション。(指定しない場合、デフォルトは 1)
    • ただしフィールドは常にゲームによって保存される。
  • tag フィールドは削除され、残りのコンテンツはアップグレード時に minecraft:custom_data コンポーネントに保存される。
  • 新しい components フィールドには、アイテムに添付されているすべてのコンポーネントが保存される。
    • 形式: コンポーネント ID からコンポーネント値へのマップ (コンポーネント ID によって異なる)
      • 例: {…, components: {‘minecraft:damage’: 12}}
      • ! が付いたコンポーネントプレフィックス (例: “!minecraft:damage”: {} ) により、このコンポーネントは削除される。
    • ターゲットアイテムのデフォルト値と同じコンポーネントは保存されない。
  • アイテムスタック形式は空のスタック (air アイテム、または count 0) を表現しなくなった。
    • 代わりに、それをサポートする場所では、フィールドを省略する必要がある。
    • スタックのリスト (生きているエンティティ内の HandItem など) などの場合には、空のスタックを表すために空のマップ ({}) が使用される。

エンティティおよびブロックエンティティのデータ形式

  • ブロックエンティティがそのアイテムスタックから設置されるときに、アイテム スタック上のデフォルト以外のコンポーネントが保存されるように。
  • エンティティおよびブロックエンティティ内のブロック位置の保存形式が更新。
  • 現在、HandItems と ArmorItems を持つすべてのエンティティに body_armor_item と body_armor_drop_chance を追加し、HandItems と ArmorItems と同じ方法で処理する。
  • 馬の ArmorItem、ラマの DecorItem、オオカミの armor の処理が 、代わりにbody_armod_item と body_armor_drop_chance を使用するように変更された。
  • 村人の取引は、「minecraft:damage」に 0 を選択することで、損傷していないアイテムのみを受け入れるように設定できる。
    • デフォルトでは、コンポーネントが指定されていない場合、任意のアイテムが受け入れられる (アイテム述語のコンポーネントフィールドと同様)
  • アイテム、またはエンティティに保存されているポーションの効果は、デフォルト値をエンコードしなくなった。
    • amplifier : 0
    • duration : 0
    • ambient : false
    • show_particles : true
  • FactorCalculationData がモブエフェクトインスタンスタグから削除された
  • 効能付きの矢は適用されたポーション効果を保存しなくなった。
    • 代わりに、保持されているアイテムから取得される。
  • エリアエフェクトクラウドは、minecraft:potion_contents コンポーネントと同じ形式でポーションを potion_contents フィールドに保存するようになった。
    • Potion-> potion_contents.potion
    • Color-> potion_contents.custom_color
    • effects-> potion_contents.custom_effects
  • 旗は、適用されたパターンを、minecraft:banner_patterns コンポーネントと同じ形式で patterns フィールドに保存するようになった。
    • Patterns[].Pattern (文字列の短い ID) ->  Patterns[].pattern (文字列パターンのレジストリ ID)
    • Patterns[].Color (整数の染料 ID) ->  Patterns[].color (文字列染料の名前)
  • Beehive 形式も更新。
    • Bees[].EntityData-> bees[].entity_data
    • Bees[].TicksInHive-> bees[].ticks_in_hive
    • Bees[].MinjobTicks-> bees[].min_ticks_in_hive
    • FlowerPos-> flowers_pos
  • プレイヤーの頭の SkullOwner フィールドと ExtraType フィールドは、アイテム コンポーネントと同じ形式の profile フィールドに置き換えられた。
  • プレイヤーの頭ブロックに、custom_name タグが保存されるように。(このタグは、壊れたり設置されたりしたときにアイテムフォームとの間でコピーされる)
  • モンスタースポナーの SpawnPotentials とトライアルスポナー設定の spawn_potentials に存在するスポーンデータにオプションの equipment フィールドを追加。
    • 存在する場合、指定されたルートテーブルからロールされたアイテムがスポーンするモブに装備される。
    • 形式: フィールドを含むオブジェクト
      • loot_table – 装備を生成するために使用されるルートテーブル
      • slot_drop_chances – 装備スロットの装備をドロップするチャンスを指定するオプション。
        • すべてのスロットに適用するリストの代わりに単一の値を指定することもできる。(たとえば、slot_drop_chances: 0.0f は 、すべてのスロットに 0% の確率を適用)
      • 例: equipment: {loot_table: “minecraft:equipment/trial_chamber”、slot_drop_chances: {“head”: 0.0f、”chest”: 0.25f、”legs”: 1.0f、”feet”: 0.25f}}

ブロックエンティティのコンポーネント

ブロックアイテムを含むアイテムスタック上のデフォルト以外のコンポーネントは、設置時にブロックエンティティに保存されるように。

  • デフォルトからのコンポーネントの削除は現在保存されていない。
  • 非ブロックエンティティブロックの設置と破壊は変更されず、何も保持されない。
  • 保存されたコンポーネントがドロップ時に自動的に復元されることはない。(これには、ルートテーブルに copy_components 関数を追加する必要がある)
  • コンポーネントは components と呼ばれるフィールドに保存される。
    • 一部のコンポーネント (custom_name など) は、依然として従来のシリアル化によって処理される。つまり、コンポーネントがそこに存在しない可能性がある。
    • コンポーネント ID からコンポーネント値へのマップが含まれる。

ブロックポジション

  • すべてのブロック位置は、 X、Y、Z のマップではなく、3 つの整数の配列として保存されるようになった。
  • ミツバチの FlowerPos と HivePos は、flower_pos と hive_pos に名前が変更された。
  • 養蜂箱の FlowerPos はflower_pos に名前が変更された。
  • エンドクリスタルの BeamTarget の名前が beam_target に変更された。
  • すべてのリードで繋ぐことが可能なエンティティの Leash の名前が leash に変更された。
  • パトロールモブの PatrolTarget の名前が patrol_target に変更された。
  • エンドゲートウェイの ExitPortal の名前が exit_portal に変更された。
  • 行商人の WanderTarget の名前が wander_target に変更された。

宝物庫ブロックエンティティ

  • カスタムコンテンツ用に構成できるさまざまな NBT 要素を含む宝物庫ブロックが追加。
  • フィールド
    • config
      • loot_table ロック解除時に取り出されるルートテーブル
        • デフォルト値 : 「minecraft:chests/trial_chambers/reward」
      • activate_range – 宝物庫のロックを解除していないプレイヤーが鍵穴を開けるためにその範囲内にいる必要がある範囲。
        • デフォルト値 : 4
      • deactivation_range – 宝物庫が鍵穴を閉じるために、実行可能なすべてのプレイヤーがその範囲外にいなければならない範囲。
        • デフォルト値 : 4.5
      • key_item – 宝物庫のロックを解除するために必要なアイテムスタック。
        • プレイヤーは正確なコンポーネントと数を含むアイテムを保持している必要がある。
        •  フィールドが存在しない場合、宝物庫のロックは解除できない。
      • override_loot_table_to_display – 設定の loot_table の結果ではなく、ケージ内のアイテムを表示するために使用されるオプションのルートテーブル。
        • デフォルト値 : 値なし
      • 共有データ
        • Connected_pa​​rticles_range – 宝物庫のロックを解除していないプレイヤーはパーティクルが発生する前にその範囲内にいる必要がある。
          • デフォルト値 : 4.5

コマンド

  • コマンド内のアイテムおよびアイテム述語の構文を更新。
  • container.* などの範囲のスロット名を追加。
  • playsound コマンドは、プレーヤー ( @s を想定) を指定せず、ミキサー ( master を想定) を指定せずに使用できるように。
  • 以前はルートテーブル、修飾子、述語の名前空間 ID を受け入れていたコマンド引数が、インライン定義も受け入れられるように。
  • アイテムをチェック、およびカウントするための execute if|unless items を追加。
  • ポーションエフェクトアンプは 0 ~ 255 の間に制限されるように。
    • 127 を超える跳躍力上昇、浮遊、採掘速度低下などの効果の以前の動作は、新しい属性に置き換えられた。
  • transfer コマンドを追加。
  • 関数内のコマンド (マクロ展開を含む) の最大長は 2,000,000 文字を超えることはできない。

アイテムの構文

  • /give、/item、/loot などのコマンドの item 構文が更新。
  • アイテム名の後に角括弧で囲んでコンポーネントを指定できるように。
    • コンポーネントには = が割り当てられる (例: wood_pickaxe[damage=23] )
    • コンポーネントはカンマで区切られる (例: netherite_hoe[damage=5,repair_cost=2])
  • コンポーネントタイプはオートコンプリートされるが、値自体はオートコンプリートされない。
  • ただし、値は検証され、コンポーネントが不適切に指定されている場合、コマンドは解析に失敗する。
    • 例: /give @s wood_pickaxe[damage=-34] は無効。
  • 既存の NBT 構文 ( {…} ) は、削除され、custom_data 割り当てに置き換えられた。
    • 例: /give @s Stick{foo:’bar’} は /give @s Stick[custom_data={foo:’bar’}]  になる。
  • /attribute コマンドの修飾子操作の名前が変更。
    • add-> add_value
    • multiply_base-> add_multiplied_base
    • multiply-> add_multiplied_total

EXECUTE IF|UNLESS ITEMS

  • execute if|unless items <source> <slots> <item_predicate> コマンドを使用してアイテムをカウントできる。
    • <source> は item コマンドで使用されるものと同じ。つまり、
      • block <x> <y> <z>
      • entity <target> (セレクタは複数のエンティティを返すことができる)
    • <slots> は単一スロット ( container.0 など) または範囲 ( container.* など) を受け入れることができる。
    • <item_predicate>は、 clear コマンドのアイテム述語と同じ。
  • 単独で使用した場合、述語に一致するスタック内のアイテムの合計数が返される。

アイテム述語引数

アイテム述語構文 (execute if|unless items および clear コマンドで使用) が大幅に拡張。

  • 一般的な構文は次のとおり: <type> [<test> のカンマ区切りリスト]
  • <type> は次のいずれかに。
    • アイテム id
    • # で始まるアイテムタグ id
    • * どんなアイテムにもマッチする
  • <test> には、次の 3 つの形式のいずれかを指定できる。
    • <component_id>=<value>- コンポーネントの正確な値と一致する。
      • <value> は SNBT 形式でのコンポーネント値の表現 (item give 引数と同じ)
      • 指定されたすべてのコンポーネントがターゲットアイテムに存在し、正確に等しい解析値を持つ必要がある。
      • デフォルトのコンポーネント (デフォルトで damage=0 など) は、指定されない場合、ターゲットアイテムに存在すると想定される。
        • そのため、/clear @s diamond_pickaxe[damage=0] は損傷していないダイヤモンドのつるはしのみに一致する。
        • 一方、/clear @s diamond_pickaxe は、ダメージに関係なく、あらゆるダイヤモンドのつるはしと一致する。
        • コンポーネント値の正確な一致は、minecraft:custom_data コンポーネントにも適用される。
    • <component_id>- コンポーネントが存在するかどうかを確認する。
    • <predicate_id>~<value>- チェックアイテムの副述語。
      • <value> は、SNBT 形式のアイテム副述語の表現 (ただし、それ以外の点は、アドバンスおよびルートテーブルの JSON ファイルに使用されるものと同じ)
      • 例:  *[damage~{durability:{min:3}}] は、少なくとも 3 回の使用が残っているスタックに一致する。
    • スタックサイズを一致させるために特別な名前 minecraft:count を使用できる。
      • count=<positive int> は、スタックサイズが指定された値と等しい場合にのみパスする。
      • count~<int range> は、スタックサイズが指定された範囲内にある場合にパスされる。
        • 例:  *[count~{max:2}] は count <= 2 のスタックに一致。
      • count は常にパスする。
    • <test> エントリは、先頭に ! を付けることで無効にできる。
      • 例: *[!count=1] は、カウントが 1 以外のスタックと一致。
    • <test> 要素は | で結合し複数の選択肢をチェックすることができる。
      • 例: *[!damage|damage=0] は、ダメージコンポーネントのないアイテム、またはダメージが 0 のアイテムを検索。
    • カスタムデータ ({}) との NBT 部分一致の構文は、custom_data 述語に置き換えられた。
      • したがって、stick{a:2} は Stick[custom_data~{a:2}] に。
      • この述語は、既存の NBT 部分一致動作を使用する。
        • これには、述語で指定されたすべてのタグがターゲットアイテムに存在する必要があるが、追加のタグは無視される場合がある。
        • ターゲット内のリストには、述語で指定されたすべてのアイテムが含まれている必要があるが、追加のアイテムが存在する可能性があり、順序は無視される。

スロット名

  • スロット名 (item コマンドおよび slots エンティティ述語で使用される) にスロット範囲が含まれるように。
  • 指定しない限り、既存のコマンドは引き続き単一スロットでのみ機能する。
  • 新しいスロット名
    • container.* – container.0 から container.53 までが含まれる。
    • hotbar.* – hotbar.0 から hotbar.8 が含まれる。
    • inventory.* – inventory.0 から inventory.26 が含まれる。
    • enderchest.* – enderchest.0 から enderchest.26 が含まれる。
    • villager.* – villager.0 から villager.7 が含まれる。
    • horse.* – horse.0 から horse.14 が含まれる。
    • Weapon.* – Weapon.mainhand と Weapon.offhand が含まれる。
    • armour.* – armour.head、armor.chest、armor.legs、armor.feed、armor.body が含まれる。
  • 新しいスロット名が追加:
    • player.cursor – 画面上でプレイヤーが保持しているアイテム
      • 注: この情報はクリエイティブモードでは利用できない。
    • player.crafting.0 – player.crafting.3、player.crafting.* – プレイヤーのクラフトスロット
      • 注: これには、プレイヤーのインベントリ作成スロットのみが含まれ、作業テーブル (または他の画面の他のスロット) は含まれない。
    • contents – アイテムフレーム、アイテム表示、ドロップされたアイテムエンティティなどの単一スロットエンティティの場合。
  • horse.armor スロット名を armor.body に置き換えた。これはすべてのモブに適応される。

インラインルート値

以前はルートテーブル、修飾子、述語の名前空間 ID を受け入れていた以下のコマンドの引数は、インライン定義も受け入れることができるように。

  • loot
  • item
  • execute if predicate

値は、SNBT としてエンコードされるが、一致する JSON ファイルと同じ構造を持つ。

例: execute if predicate {condition:weather_check, raining:true}

TRANSFER コマンド

プレーヤーの別のサーバーへの転送をトリガーする新しいコマンド。

専用サーバー上にのみ存在する。

構文:
transfer <hostname> [<port>] [<player>]
パラメーター:
  • hostname: 接続するサーバーのホスト名を説明する文字列。
  • port: 接続するサーバーのポート番号を示す整数 – 省略した場合は、25565 が使用される。
  • player: 転送するプレイヤー – 省略した場合は @s が使用される。

ルートテーブルと進捗の述語形式

  • ブロック述語の形式が更新。
    • tag フィールドが削除された。
    • block フィールドは、単一のエントリ、ハッシュプレフィックス付きの block タグ、または blocks のリストをサポートするように。
  • 流体述語形式が更新。
    • tag フィールドが削除された。
    • fluid-> fluids、単一のエントリ、ハッシュ接頭辞付きの fluids タグ、または fluids のリストをサポートする。
  • 場所述語の形式が更新。
    • biome-> biomes、単一のエントリ、ハッシュ接頭辞付きの biome タグ、または biome のリストをサポートする。
    • structure-> structures、単一のエントリ、ハッシュ接頭辞付きの structures タグ、または structures のリストをサポートする。
  • エンティティ述語とアイテム述語への大きな変更。

エンティティ述語

  • エンティティ述語の形式が更新。
    • type フィールドは、単一のエントリ、ハッシュ接頭辞付きのエンティティ type タグ、またはエンティティ type のリストをサポートするように。
    • アイテムスロットに一致するための新しいエンティティ述語フィールド slots を追加。
  • equipment フィールドの形式が更新。
    • エンティティのボディアーマースロットのアイテムと一致する新しい body フィールドを追加。
  • any エンティティタイプ固有の述語を削除。
slots エンティティ述語フィールド
  • 新しいエンティティフィールド slots により、任意のエンティティの単一または複数のスロットをチェックできるように。
  • フィールドには、アイテム述語へのスロット名 (item コマンドで使用されるものと同じ) のマップが含まれる。
  • スロット範囲の場合、エントリ全体が通過するには 1 つのスロットのみが一致する必要がある。

例:

{
“condition”: “minecraft:entity_properties”,
“entity”: “this”,
“predicate”: {
“slots”: {
“container.*”: {
“items”: “dirt”
}
}
}
}
wolf タイプ固有のエンティティ述語
  • オオカミの亜種に一致する新しい wolf 副述語が追加。
  • フィールド:
    • variant – 一致するオオカミの種類 (単一のエントリ、エントリのリスト、またはタグ)
raider タイプ固有のエンティティ述語
  • レイダーに一致する新しい raider 副述語が追加。
  • フィールド:
    • has_raid – レイダーがアクティブな襲撃にあるかどうかを照合する。
    • is_captain – レイダーがキャプテンであるかどうかを照合する。
cat、frog、painting タイプ固有のエンティティ述語
  • variant フィールドは、単一のエントリ、エントリのリスト、またはタグを受け入れるように。

アイテム述語

アイテム述語の形式が更新。

  • tag フィールドが削除された。
  • items フィールドは、単一のエントリ、ハッシュ接頭辞付きの item タグ、またはアイテムのリストをサポートするように。
  • 新しいオプションの component フィールドはコンポーネントと正確に一致する。
    • 指定されたすべてのコンポーネントはターゲットアイテム上に同じように存在する必要があるが、追加のコンポーネントは無視される場合がある。
    • デフォルトのコンポーネントは、指定しない場合、ターゲットアイテムに存在すると想定される。
    • 形式: コンポーネント ID からコンポーネント値へのマップ (コンポーネント ID によって異なる)
      • 例: “components”: { “minecraft:damage”: 0 } は損傷していないアイテムのみに一致する。
  • コンポーネント固有のアイテム述語プロパティは、predicates と呼ばれる別のフィールドに移動された。

アイテム副述語

  • アイテム述語の一部のフィールドが、オプションのフィールド predicates のマップに移動。
  • 新しいフィールドは、アイテムスタックの components フィールドに似ている。
  • これは、将来の述語の追加を簡素化し、副述語が一致するコンポーネントの名前によりよく似るようにするために行われた。
  • 次のフィールドが移動。
    • enchantments – フィールドが副述語 minecraft:enchantments に移動。
    • storage_enchantments – フィールドが副述語 minecraft:stored_enchantments に移動。
    • potions – フィールドが副述語 minecraft:potion_contents に移動。
      • 単一のポーションエントリ、ポーションのリスト、またはハッシュ接頭辞付きのポーションタグをサポートするように。
    • custom_data – フィールドが副述語 minecraft:custom_data に移動。
  • durability フィールドは、minecraft:damage 述語に拡張された。
    • このチェックは、 minecraft:damage コンポーネントを含むすべてのアイテムに対して機能するように。
    • minecraft:damage コンポーネントを持たないアイテムは決して一致しない。
    • 壊れないアイテムを確認するには、minecraft:unbreakable コンポーネントの値をクエリする。
    • フィールド:
      • damage – minecraft:damage コンポーネントの値のオプションの境界。
      • durability – 耐久性のオプションの境界 (最大ダメージから minecraft:damage の値を差し引いた値)
    • 述語 minecraft:enchantments、minecraft:stored_enchantments、minecraft:potion_contents および minecraft:damage では、アイテムに一致するコンポーネントが存在する必要がある。
      • たとえば、空のエンチャントリストのマッチングでは、minecraft:damage コンポーネントがなければアイテムは渡されない。
      • 注: 一部のコンポーネント (minecraft:enchantmentsなど) にはデフォルト値があるため、常に一致する。
    • これらの副述語は、/clear や /execute if|unless item などのコマンドでも参照できる。
    • 述語 minecraft:custom_data は、 文字列 (既存の形式) として書かれた SNBT データと非フラット化タグの両方を受け入れるように。
      • つまり、*[custom_data~{a:1}] と *[custom_data~”{a:1}”] は同じ。
      • NBT 型情報は JSON で表現できないため、フラット化された文字列形式が維持されている。
    • 多くの新しい副述語が導入。
例:

Before:

“item”: {
“enchantments”: [
{
“enchantment”: “minecraft:silk_touch”,
“levels”: {
“min”: 1
}
}
]
}

After:

“item”: {
“predicates”: {
“minecraft:enchantments”: [
{
“enchantment”: “minecraft:silk_touch”,
“levels”: {
“min”: 1
}
}
]
}
}
コンポーネント述語の一般規則
  • 特に指定されていない限り、一致するコンポーネント内のフィールドと同じ名前を持つ述語内のフィールド (つまり、述語と同じ名前を持つ) は、そのフィールド値と一致する。
  • これらのフィールドは通常、コンポーネント内と同じタイプになるが、オプションになる。
  • 例外:
    • リストフィールドはコレクションマッチャーに置き換えられる。(下記を参照)
    • 整数フィールドと浮動小数点フィールドは範囲に置き換えられる。
    • レジストリ id は、id を受け入れるタイプに置き換えられる、id またはタグのリスト。
コレクションマッチャー
  • コレクションマッチャーは、コレクションの照合に使用される述語の共有部分。
  • このマッチャーのすべてのインスタンスには、同じ機能を持つ同じフィールドがあるが、一致する要素フィールドのタイプのみが異なる。
  • フィールド:
    • size – コレクションのサイズと照合する整数の範囲。
    • contains – 要素述語のリスト。
      • 述語がパスするにはすべての条件が一致する必要がある。
      • テストされたコンテナ内のすべての要素が一致する必要はない。
      • 要素は任意の順序で指定できる。
      • 単一の要素が複数の述語に一致する可能性がある。
      • 例 (アイテムスタックを一致させる場合):
        • {contents:[{item:diamond}]} – ダイヤモンドアイテムが少なくとも 1 つある場合に一致する。
        • {contents:[{item:diamond}, {item:dirt}]} – 少なくとも 1 つのダイヤモンドアイテムと少なくとも 1 つの土アイテムがある場合に一致する。
      • count – 要素数のマッチャーのリスト。
        • 入力フィールド:
          • test – 要素マッチャー
          • count – テストに合格した要素の数をチェックするためのオプションの整数範囲。
        • 例 (アイテムスタックを一致させる場合):
          • {count:[{count:3,test:{items:diamond}}]}} は、ダイヤモンドのスタックがちょうど 3 つある場合にのみ一致する (スタックサイズに関係なく)
container
  • container コンポーネントのマッチャー (シュルカーボックスなど)
  • フィールド:
    • items – オプションのコレクションマッチャー
      • 注: 空のアイテムは無視される。
        • container~{items:{size:3}} は、 コンテナ内に空ではないスタックがちょうど 3 つある場合にのみパスする。
bundle_contents
  • bundle_contents コンポーネントのマッチャー
  • フィールド:
    • items – オプションのコレクションマッチャー
firework_explosion
  • firework_explosion コンポーネントのマッチャー
  • フィールド:
    • shape – シェイプのオプションのマッチャー、minecraft:firework_explosion コンポーネントの shape フィールドと同じ値。
    • has_trail – オプションのブール値。
    • has_twinkle – オプションのブール値。
fireworks
  • fireworks コンポーネントのマッチャー。
  • フィールド:
    • explosions – firework_explosion 述語のオプションのコレクションマッチャー。
    • flight_duration – 飛行時間のオプションの整数範囲チェック。
  • 例:  minecraft:fireworks~{explosions:{contains:[{shape:small_ball}]}}] – 花火に small_ball 形状の爆発が少なくとも 1 つある場合に一致する。
writable_book_content
  • writable_book_content コンポーネントのマッチャー。
  • フィールド:
    • page – 文字列のオプションのコレクションマッチャー。(ページのフィルターされていないコンテンツのみを照合)
written_book_content
  • written_book_content コンポーネントのマッチャー。
  • フィールド:
    • page – チャットコンポーネントのオプションのコレクションマッチャー。(ページのフィルターされていないコンテンツのみを照合)
    • author – オプションの文字列値。
    • title – オプションの文字列値。(値のみに一致)
    • generation – generation のオプションの整数範囲チェック。
    • resolved – オプションのブール値。
attribute_modifiers
  • attribute_modifiers コンポーネントのマッチャー。
  • フィールド:
    • modifiers – 次のフィールドを持つエントリのオプションのコレクションマッチャー:
      • attribute – オプションの id、一致する属性の id またはタグのリスト。
      • id – オプションの UUID
      • name – オプションの文字列
      • amount – オプションの二重範囲チェック
      • operation – オプションの操作タイプ ( attribute_modifiers コンポーネントの operation フィールドと同じ値)
      • slot – オプションで適用可能なスロットタイプ (attribute_modifiersコンポーネントの slot フィールドと同じ値)
trim
  • trim コンポーネントのマッチャー
  • フィールド:
    • material – オプションの id、一致するマテリアルの id またはタグのリスト。
    • pattern – オプションの id、一致するパターンの id またはタグのリスト。

進捗

ITEM_USED_ON_BLOCK の変更

  • この基準トリガーは、(ブロックのインタラクトとは対照的に) 特定のアイテムがブロック上で正常に使用された場合にのみトリガーされるようになった。
    • たとえば、斧を使用して酸化銅ブロックを削るとトリガーされるが、作業台で斧を使用してもトリガーされない。

DEFAULT_BLOCK_USE の追加

  • ドアを開けるなど、プレイヤーによるブロックのデフォルトのインタラクションによってトリガーされる。

ANY_BLOCK_USE の追加

  • ブロック上のアイテムの使用やそのデフォルトの使用法など、プレイヤーによるブロックとのあらゆる種類のインタラクションによってトリガーされる。

CRAFTER_RECIPE_CRAFTED の追加

  • クラフターが正常に作成されたアイテムを世界に排出するとトリガーされる。
  • フィールド (Recipe_crafted と同じ形式):
    • player – 半径 8 ブロック内の近くのプレイヤーに一致するエンティティ述語
    • recipe_id – 作成中のレシピの ID
    • ingredients – 作成中のレシピを構成する材料に一致するアイテム述語のリスト

FALL_AFTER_EXPLOSION の追加

  • プレイヤーが爆発または風によって上に吹き飛ばされた後、落下し始めるとトリガーされる。
  • フィールド:
    • player – 落ちているプレイヤーに一致するエンティティ述語。
    • start_position – プレイヤーが爆発またはバーストに見舞われたときにいた位置に一致する位置述語。
    • distance – トリガーをアクティブにするためにプレーヤーが start_position からどのくらい離れていなければならないかを一致させる距離述語。
    • cause – 爆発またはバーストを引き起こしたエンティティに一致するエンティティ述語。

ルートテーブル

  • パンダがくしゃみをしたときにドロップする gameplay/panda_sneeze ルートテーブルを追加。
  • ルートテーブルエントリ loot_table  (提供されたネストされたルートテーブルからすべてのアイテムを返す) の構文は次のようになる。
    • value- 次のどれかになる。
      • namespaced id – 別の名前付きルートテーブルへの参照
      • full loot table (スタンドアロンファイルと同じ形式)
  • 新しいルートテーブルタイプ minecraft:equipment を追加。(モブにアイテムを装備するために使用される)

STORAGE 番号プロバイダー

  • この番号プロバイダーは、コマンドストレージから数値に直接アクセスできる。
  • 選択したストレージが存在しない場合、またはパスによって選択されたタグが数値でない場合、または存在しない場合、プロバイダーは 0 を返す。
  • フィールド:
    • storage- コマンドストレージの名前空間ID
    • path- フィールドへのNBTパス

変更されたルート機能

  • ネストされたリストは関数リストではサポートされなくなった。
set_content
  • type フィールドが削除。
  • 新しい必須フィールド component を追加:
    • アイテムを埋め込む対象コンポーネントを記述する。
    • 既存のコンテンツは置き換えられる。
    • 許可される値: container、bundle_contents、charged_projectiles
    • bundle_contents と charged_projectiles は 空のスタックを無視する。
set_custom_data (set_nbt から名前変更)
  • ターゲットアイテムの custom_data コンポーネントに適用されるように。
  • tag フィールドは、文字列 (既存の形式) として書き込まれた SNBT データとフラット化されていないタグの両方を受け入れるように。
copy_custom_data  (copy_nbt から名前変更)
  • ターゲットアイテムの custom_data コンポーネントに適用されるように。
set_name
  • 設定する名前を指定するオプションのフィールド target を追加。
  • 値:
    • custom_name-  custom_name コンポーネントを設定する。(デフォルト)
    • item_name-  item_name コンポーネントを設定する。
set_attributes
  • 修飾子 slot フィールドは、any、armor、hand、body の値をサポートするように。
  • 修飾子 operation 値の名前が変更:
    • addition-> add_value
    • multiply_base->  add_multiplied_base
    • multiply_total->  add_multiplied_total
  • set_attributes ルート関数に replace フィールドを追加。(デフォルト: true)
    • false の場合、属性が追加される。
set_lore
  • replace フィールドが削除。
  • set_fireworks や set_written_book_pages のような mode が追加。

新しいルート機能

set_components
  • ターゲットアイテムに提供されたコンポーネントを追加または置き換える。
  • フィールド:
    • conditions – この関数をフィルタリングするための条件のオプションのリスト。
    • components – コンポーネント id からコンポーネント値へのマップ (形式は id によって異なる)
      • ! が付いたコンポーネントプレフィックス (例 : “!minecraft:damage”: {}) により、このコンポーネントは削除される。
copy_components
  • 指定されたソースからアイテムにコンポーネントをコピーする。
  • これは、copy_name 関数と copy_nbt 関数の代わりにバニラパックで使用されるように。
  • フィールド
    • conditions – この関数をフィルタリングするための条件のオプションのリスト。
    • source – 取得元のソースのタイプ。
      • 現時点では、「block_entity」のみが可能であり、そうする必要がある。
    • include – ソースからコピーされるデータコンポーネントのオプションのリスト。
      • 省略した場合、存在するすべてのコンポーネントが含まれる。
    • exclude- コピーから除外するデータコンポーネントのオプションのリスト。
      • 省略した場合、デフォルトは空になる。
    • (明示的または暗黙的に) 含まれているが除外されていないコンポーネントのみがコピーされる。
modify_contents
  • コンポーネント内のすべてのアイテムに修飾子関数を適用する。
  • コンポーネントが存在しない場合は追加されない。
  • フィールド:
    • conditions – この関数をフィルタリングするための条件のオプションのリスト。
    • component – ターゲットコンポーネント
      • 許可される値: container、bundle_contents、charged_projectiles
    • modifier – コンテナ内のすべてのアイテムに適用される関数または関数のリスト。
set_item
  • 数とコンポーネントを変更せずにアイテムスタックのアイテムタイプを置き換える。
  • フィールド:
    • conditions – この関数をフィルタリングするための条件のリスト。
    • item- 新しいアイテムタイプ。
filterd
  • アイテム述語に一致するアイテムにのみサブ関数を適用する、
  • フィールド:
    • conditions – この関数をフィルタリングするための条件のリスト。
    • item_filter – アイテムを照合するために使用されるアイテム述語。
    • modifier – 一致するアイテムに適用する関数
set_custom_model_data
  • 数値プロバイダーに従ってターゲットアイテムに custom_model_data コンポーネントを設定する。
  • フィールド:
    • conditions – この関数をフィルタリングするための条件のオプションのリスト。
    • value – 整数プロバイダー。
set_ominous_bottle_amplifier
  • 数値プロバイダーに従って、ターゲットアイテムに ominous_bottle_amplifier コンポーネントを設定する。
  • フィールド:
    • conditions – この関数をフィルタリングするための条件のオプションのリスト。
    • amplifier – ominous_bottle_amplifier コンポーネントを生成するために使用される数値プロバイダー。
set_fireworks
  • Minecraft:fireworks コンポーネントの詳細を設定。
  • フィールド:
    • conditions: 条件のオプションのリスト。
      • 機能を適用する前に確認する条件
    • flight_duration: オプションの整数、0 ~ 255:
      • 火薬の数で測定される飛行時間
      • 省略した場合、アイテムの飛行時間は変更されず、コンポーネントが以前に存在しなかった場合は 0 に設定される。
    • explosions: フィールドを持つオプションのオブジェクト。
      • value: firework_explosion データのリスト – Minecraft:fireworks コンポーネント の explosion と同じ形式:
        • 設定する爆発データ
    • mode: 爆発の列挙値決定関数:
      • replace_all: 爆発リストを完全に置き換える。
      • replace_section: 爆発のセクションを置き換える。引数:
        • offset: オプションの非負の整数:
          • 置換される範囲の開始
          • 省略した場合は 0 が使用される
        • size: オプションの非負の整数:
          • 爆発で置き換えられる範囲のサイズ
          • 省略した場合、explosions フィールドのサイズが使用される。
        • insert: 爆発を挿入し、既存の爆発を挿入されたセクションの後に移動する。引数:
          • offset: オプションの非負の整数:
            • 爆発が挿入される前に挿入されるインデックス
            • 省略した場合は 0 (最初の爆発前) が使用される。
          • append: リストの最後に爆発を追加。
set_firework_explosion
  • minecraft:firework_explosion コンポーネントの詳細を設定。
  • フィールド:
    • conditions: 条件のオンプションのリスト:
      • 機能を適用する前に確認する条件
    • shape: オプションの爆発形状:
      • 設定する爆発形状
      • 省略した場合は元の形状が維持される (コンポーネントがなかった場合は small_ball が使用される)
    • color: オプションの整数配列、RGB 値:
      • 既存の爆発の色と置き換える初期パーティクルカラーのリスト
      • 省略した場合、元の色が維持される (コンポーネントがなかった場合は [] が使用される)
    • fade_colors: オプションの整数配列、RGB 値:
      • 既存の爆発上の色と置き換えるフェードトゥパーティクルカラーのリスト
      • 省略した場合、元の色が維持される (コンポーネントがなかった場合は [] が使用される)
    • trail: オプションのブール値:
      • 爆発に軌跡を残すかどうかを設定
      • 省略した場合、元の has_trail 値が保持される (コンポーネントがなかった場合は false が使用される)
    • twinkle: オプションのブール値:
      • 爆発にきらめきを付けるかどうかを設定
      • 省略した場合、元の has_twinkle 値が保持される (コンポーネントがなかった場合は false が使用される)
set_book_cover
  • minecraft:written_book_content コンポーネントの表紙の詳細を設定。
  • 存在する場合、本のどのページもそのまま残される。
  • フィールド:
    • conditions: 条件のオプションのリスト:
      • 機能を適用する前に確認する条件。
    • title: オプションのフィルター可能なテキスト。 (minecraft:written_book_content コンポーネント の title と同じ形式):
      • 設定するタイトル
      • 省略した場合、元のタイトルが保持される (コンポーネントがなかった場合は空の文字列が使用される)
    • author: オプションの文字列:
      • 設定する作者
      • 省略した場合、元の作成者が保持される (コンポーネントがなかった場合は空の文字列が使用される)
    • generation: オプションの整数 [0; 3]:
      • 設定する世代値
      • 省略した場合、元の世代が保持されまる (コンポーネントがなかった場合は 0 が使用される)
set_writable_book_pages
  • minecraft:writable_book_content コンポーネントのページを操作。
  • フィールド:
    • conditions: 条件のオプションのリスト:
      • 機能を適用する前に確認する条件。
    • pages: フィルター可能な文字列のリスト。 (minecraft:writable_book_content コンポーネントの pages と同じ形式)
      • 適応するページ
    • mode:列挙値決定関数
      • replace_all: 本の内容を完全に置き換える。
      • replace_section: 本のセクションを置き換える。引数:
        • offset: オプションの非負の整数:
          • 置換される範囲の開始。
          • 省略した場合は 0 が使用される。
        • size: オプションの非負の整数:
          • ブック内の置換される範囲のサイズ
          • 省略した場合、pages のサイズフィールドが使用される。
        • insert: ページを挿入し、既存のページを挿入セクションの後に移動する。引数:
          • offset: オプションの非負の整数:
            • インデックスがどのページの前に挿入されるか
            • 省略した場合は 0 (最初のページの前) が使用される。
          • append: 本の最後にページを追加。
set_written_book_pages
  • minecraft:written_book_content コンポーネントのページを操作。
  • set_writable_book_content と同じ形式だが、pages フィールドには文字列ではなくフィルター可能なチャットコンポーネントが含まれる。
    • written_book_content コンポーネントとは異なり、pages には 文字列形式の JSON ではなく JSON オブジェクトのリストが保存される。
  • 表紙データはそのまま残され、ページコンテンツコンポーネントは、次回プレイヤーが本を開いたときに解決されるように設定される。
toggle_tooltips
  • この関数を使用して、アイテムコンポーネントのツールチップの表示を変更できる。
  • 他の値を変更せずに show_in_tooltip のようなフィールドを設定することで機能する。
  • フォーマット:
    • toggles – サポートされているアイテムコンポーネントタイプのブール値へのマップ。
  • サポートされているコンポーネント: trim、dyed_color、enchantments、 stored_enchantments、unbreakable、can_break、can_place_on、attribute_modifiers
  • 例:
    • {function:”toggle_tooltips”,”toggles”:{“enchantments”:false}} はエンチャントのツールチップを非表示にする。

レシピ

  • レシピタイプ crafting_shape、crafting_shapeless、stonecutting、smithing_transform が result アイテムスタックの components を受け入れるように。
  • レシピタイプ smelting、basting、smoking、campfire_cooking の result フィールドは、カウントのないアイテムスタック形式になった。(id フィールドを使用してオブジェクトを指定する必要がある)
    • この result は components データも受け入れるようになった。

属性

  • 生きているエンティティを再スケールするために使用できる generic.scale 属性を追加 (デフォルト: 1.0)
    • 特定のエンティティには、技術的な制限により特別な制限がある。
      • シュルカーは通常のサイズの 3 倍までしか拡大できない。
      • エンダードラゴンはスケールできない。
    • プレイヤーの到達距離を制御する player.block_interaction_range (デフォルト: 4.5) および player.entity_interaction_range (デフォルト: 3.0) 属性を追加。
    • エンティティがジャンプせずに登ることができるブロックの最大数を定義する generic.step_height 属性を追加。(デフォルト: 0.6)
    • ブロック/ティック^2 の下向き加速を制御する generic.gravity 属性を追加。(デフォルト: -0.08)
    • エンティティが落下ダメージを受けるまでの落下距離を制御する generic.safe_fall_ distance 属性を追加。(デフォルト: 3.0)
    • 適用される全体的な落下ダメージを乗算するために generic.fall_damage_multiplier 属性を追加。(デフォルト: 1.0)
    • horse.jump_strength の名前が generic.jump_strength に変更され、すべてのエンティティに適用されるように。
      • これは、ジャンプからのベース インパルスを制御します (ブロックのジャンプ ブーストまたはモディファイアの前)
    • プレイヤーのブロック破壊速度の乗数として機能する。 player.block_break_speed 属性を追加。(デフォルト: 1.0)

パーティクル

次のパーティクルタイプを追加。

  • vault_connection
  • infested
  • item_cobweb
  • small_gust
  • raid_omen
  • trial_omen
  • trial_spawner_detection_ominous
  • ominous_spawning

パーティクルの表現

  • コマンド内のパーティクルオプションと、エリアエフェクトクラウドの Particles などのフィールドで、worldgen ファイルと同じ表現が使用されるようになった。(既存のバイオームのアンビエントパーティクル設定と同じ)
  • たとえば、コマンド /particle minecraft:dust 1.0 0.0 0.0 2.0 … は、/particle minecraft:dust{color:[1.0, 0.0, 0.0], scale:2.0} … になる。
  • 追加のオプション (minecraft:villager など) を持たないパーティクルの構文は変更されない。
  • ブロックパーティクル (minecraft:block、minecraft:block_marker、minecraft:falling_dust、minecraft:dust_pillar) オプションの変更:
    • フィールド value の名前が block_state に変更。
    • フィールド block_state は、デフォルトのブロック状態を表すプレーンなブロック名も受け入れるように。
    • 変換の例:
      • minecraft:block minecraft:redstone_lamp[lit=true] →  minecraft:block{block_state: {Name: “minecraft:redstone_lamp”, Properties: {lit: “true”}}}
      • minecraft:block minecraft:diamond_block → minecraft:block{block_state: “minecraft:diamond_block”}
    • minecraft:item オプションの変更:
      • フィールド value の名前が item に変更。
      • フィールド item は、デフォルトのコンポーネントを含むアイテムスタックを表すプレーンなアイテム名も受け入れるように。
      • count フィールドは無視されるように。
      • 変換の例:
        • minecraft:item minecraft:dirt → minecraft:item{item: {id: “minecraft:dirt”}}
        • minecraft:item minecraft:dirt → minecraft:item{item: “minecraft:dirt”}
      • dust_color_transition オプションの変更:
        • フィールド fromColor の名前が from_color に変更。
        • フィールド toColor の名前が to_color に変更。
        • 変換の例: dust_color_transition 1.0 0.0 0.0 0.5 0.0 1.0 0.5 →  dust_color_transition{from_color: [1.0f, 0.0f, 0.0f]、scale: 0.5f、to_color: [0.0f, 1.0f, 0.5f]}
      • entity_effect オプションの追加:
        • パーティクルの色を制御するオプションを受け入れるように。
        • フィールド:
          • color: パックされた整数のARGB カラー、または RGBA カラーを表す浮動小数点数 (0.0 ~ 1.0) のリスト。

エンチャント

  • エンチャント「minecraft:storming 」の名前が「minecraft:storming_edge」 に変更。
  • データ操作または enchantable/* タグの変更を使用して代替武器に配置された場合、無限、拡散、貫通などの発射武器エンチャントがクロスボウと弓の両方で機能するように。

ダメージの種類

  • ラマは mob_projectile の代わりに新しいダメージタイプの spit を使用するように。

タグ

ブロックタグ

  • ホッパーの上に設置してもホッパーを無効にしないブロック用の minecraft:does_not_block_hoppers を追加。
  • ウィンドチャージの攻撃を受けたときに爆発の影響を受けないブロック用に、 minecraft:blocks_wind_charge_explosions を追加。
  • minecraft:incorrect_for_wooden_tool、minecraft:incorrect_for_gold_tool、
    minecraft:incorrect_for_stone_tool、minecraft:incorrect_for_iron_tool、
    minecraft:incorrect_for_diamond_tool、minecraft:incorrect_for_netherite_tool を追加。

    • これらのタグは、特定のツールのティアごとに既存の need_diamond_tool、need_iron_tool、need_stone_tool タグを組み合わせたもの。

アイテムタグ

どの装備にどのエンチャントを追加できるかを制御する新しいアイテムタグ:

  • minecraft:enchantable/foot_armor
  • minecraft:enchantable/leg_armor
  • minecraft:enchantable/chest_armor
  • minecraft:enchantable/head_armor
  • minecraft:enchantable/armor
  • minecraft:enchantable/weapon
  • minecraft:enchantable/sword
  • minecraft:enchantable/mining
  • minecraft:enchantable/mining_loot
  • minecraft:enchantable/fishing
  • minecraft:enchantable/trident
  • minecraft:enchantable/durability
  • minecraft:enchantable/bow
  • minecraft:enchantable/equippable
  • minecraft:enchantable/crossbow
  • minecraft:enchantable/vanishing

さまざまなモブの食べ物や誘惑するアイテムを定義する新しいアイテム タグ:

  • minecraft:armadillo_food
  • minecraft:axolotl_food (minecraft:axolotl_tempt_items から名前変更)
  • minecraft:bee_food
  • minecraft:camel_food
  • minecraft:cat_food
  • minecraft:chicken_food
  • minecraft:cow_food
  • minecraft:fox_food
  • minecraft:frog_food
  • minecraft:goat_food
  • minecraft:hoglin_food
  • minecraft:horse_food
  • minecraft:horse_tempt_items
  • minecraft:llama_food
  • minecraft:llama_tempt_items
  • minecraft:meat (コレクションタグ: ゲームでは直接使用されないが、他のタグに含まれる場合がある)
  • minecraft:ocelot_food
  • minecraft:panda_food
  • minecraft:parrot_food
  • minecraft:parrot_poisonous_food
  • minecraft:pig_food
  • minecraft:piglin_food
  • minecraft:rabbit_food
  • minecraft:sheep_food
  • minecraft:strider_food
  • minecraft:strider_tempt_items
  • minecraft:turtle_food
  • minecraft:wolf_food

削除されたアイテムタグ:

  • タグ minecraft:tools を削除 (minecraft:breaks_decorated_pots と重複)

エンティティタイプのタグ

  • 毒と再生効果の影響を受けないエンティティのために、 minecraft:ignores_poison_and_regen を追加。
  • イリジャー (邪悪な村人) が同盟者とみなすエンティティに、minecraft:illager_friends を追加。(別のチームに所属している場合を除く)
  • 虫食いのモブ効果を受けられないエンティティのために、 minecraft:immune_to_infested を追加。
  • 滲出のモブ効果を受けられないエンティティのために、 minecraft:immune_to_oozing を追加。
  • 治癒効果とダメージ効果が逆転したエンティティ用に、 minecraft:inverted_healing_and_harm を追加。
  • フグを膨らませないエンティティのために、minecraft:not_scary_for_pufferfishを追加。
  • プレイヤーが見ている方向にリダイレクトして反射できるはずの発射物に、 minecraft:redirectable_projectile を追加。
  • 虫特効が有効なエンティティ用に、minecraft:sensitive_to_bane_of_arthropods を追加。
  • 水生特効が有効なエンティティ用に、minecraft:sensitive_to_impaling を追加。
  • アンデッド特効が有効なエンティティ用に、minecraft:sensitive_to_smite を追加。
  • ウィザーがターゲットにせず、ウィザーに害を及ぼすことのできないエンティティのために、minecraft:wither_friends を追加。

ダメージタイプのタグ

  • オオカミの鎧で吸収できないダメージ源として、minecraft:bypasses_wolf_armor を追加。
  • プレイヤーが実行する攻撃用に、minecraft:is_player_ attack を追加。

エンチャントタグ

  • エンチャントがツールチップにリストされる順序を制御する minecraft:tooltip_order を追加。

旗の模様

旗の模様はデータパック ( data/<namespace>/banner_pattern/<id> ) から動的レジストリにロードされるようになった。

  • これらのエントリには次の 2 つのフィールドがある。
    • asset_id (名前空間文字列) はテクスチャの位置を解決するために使用される。
      • たとえば、custom:pattern は、assets/custom/textures/entity/banner/pattern.png、assets/custom/textures/entity/shield/pattern.png に解決される。
    • translation_key (文字列) は翻訳キーの接頭辞です。
      • たとえば、block.minecraft.banner.custom.pattern は、block.minecraft.banner.custom.pattern.<dye color> に解決される。

オオカミの亜種

オオカミの亜種は、data/<namespace>/wolf_variant/<id>.json にエントリを追加することでデータ駆動型にすることができる。

  • 形式: フィールドを含むオブジェクト
    • wild_texture – この亜種の野生/自然テクスチャ
      • <namespace>:<path> は、assets/<namespace>/textures/<path>.png に解決される。
    • tame_texture – この亜種の飼いならされたテクスチャ
    • angry_texture – この亜種の怒っているテクスチャ
    • biome – この亜種が自然に出現するバイオームを記述する単一のエントリ、リスト、またはタグ。

WORLDGEN データ形式

  • 構造物に新しい地形適応タイプを追加: encapsulate
    • 構造のすべての部分の周囲に密度が追加される。
    • 完全に地下に埋める必要がある構造物に最適。
  • int と float プロバイダーは、type の隣にある追加の value フィールドでラップされなくなった。
    • たとえば、{“type”:”minecraft:uniform”,”value”:{“min_inclusive”:0.0,”max_inclusive”:1.0}} は {“type”:”minecraft:uniform”,”min_inclusive”:0.0, “max_inclusive”:1.0}

リソース パック バージョン 23 ~ 32

リソースパックのバージョンが 32 に。これらは、1.20.4 で使用されていたバージョン 22 と比較した変更点。

  • scute テクスチャとモデルの名前を turtle_scute に変更。
  • 新機能用のテクスチャとモデルを追加。
  • フォントの変更。
  • シェーダーの変更。

モデルとテクスチャ

  • オオカミの亜種のテクスチャを追加。
  • アルマジロとオオカミの鎧のファイルを追加。
  • オオカミの鎧のオオカミのモデルとオオカミの鎧アイテムのカラーレイヤーをサポートする追加のテクスチャを追加。
    • textures/entity/wolf/wolf_armor_overlay.png
    • textures/item/wolf_armor_overlay.png
  • オオカミの鎧レイヤーに表示するヒビ用の 3 つの半透明テクスチャを追加。
    • textures/entity/wolf/wolf_armor_crackiness_low.png
    • textures/entity/wolf/wolf_armor_crackiness_medium.png
    • textures/entity/wolf/wolf_armor_crackiness_high.png
  • trial_chambers マップ装飾アイコンを追加。
  • 次の実験的なブロックとアイテムのテクスチャとモデルファイルを追加。
    • 宝物庫
    • 不吉な宝物庫
    • 不吉なトライアルスポナー
    • 不吉な瓶
  • 次のモブ効果のアイコンテクスチャを追加。
    • bad_omen_121
    • infested
    • oozing
    • raid_omen
    • trial_omen
    • weaving
    • wind_charged

GUI

  • gui/options_background テクスチャと gui/light_dirt_background テクスチャが削除。その代わり:
    • 画面の背景として使用する gui/menu_background を追加。また、タイトル画面からアクセスするメニューのリストの背景として gui/menu_list_background を使用。
    • 一時停止メニューからアクセスするメニューに gui/inworld_menu_background、gui/inworld_menu_list_background、gui/inworld_header_separator、gui/inworld_footer_separator テクスチャを追加。
  • リストの上部と下部にそれぞれ gui/header_separator、gui/footer_separator テクスチャが使用されるように。
  • 次のテクスチャが更新: gui/footer_separator、gui/header_separator
  • 次のスプライトが更新: widget/tab、widget/tab_highlighted、widget/tab_selected、widget/tab_selected_highlighted
  • widget/scroller_background スプライトが追加。
  • Realms の次のテクスチャが削除された。
    • gui/sprites/backup/changes,
    • gui/sprites/backup/changes_highlighted,
    • gui/sprites/backup/restore,
    • gui/sprites/backup/restore_highlighted,
    • gui/sprites/player_list/make_operator_highlighted,
    • gui/sprites/player_list/remove_operator_highlighted,
    • gui/sprites/player_list/remove_player_highlighted
  • gui/tab_header_background テクスチャを追加。これは、ワールド作成画面のタブボタンの背後にレンダリングされる。
  • ポエムとクレジットの後ろにレンダリングされる、misc/credits_vignette テクスチャを追加。
  • 地図装飾アトラスを別のファイルに分割。

地図の装飾

  • マップ装飾アイコンは、textures/map/decorations/ ディレクトリからロードされたアトラスを使用するために、以前の map_icons.png から分割された。
  • パックのアップグレードプロセスは、この自動スライサーツールを使用することで支援できる。

フォント

  • ttf フォントプロバイダーの変換は、より適切なデフォルトを持つように調整された。
    • shift は二重に適用されなくなり、ゲーム UI のピクセル数を直接表すように。
    • フォント EM 正方形は、フォントアセンダーとフォントディセンダーの間ではなく、ゲーム UI のピクセルの size に合わせて調整される。
    • フォントのベースラインはデフォルトのフォントと一貫して配置される (行の上から 7 ピクセル下)
    • これは、一般に、size 9 で shift のないフォントは、デフォルトで正しく見えるはずであることを意味する。
    • shift の範囲制限 [-512; 512]
  • フォントプロバイダーにフォントバリアントフィルターを追加。

フォントバリアントフィルター

  • すべてのグリフプロバイダーを、特定のバリアントセットに基づいて有効または無効にできるようになった。
  • 利用可能なバリアントはハードコーディングされており、フォントオプションメニューによって制御される。
    • 現在のバリエーション:
      • uniform – 「Force Uniform」ボタンに接続
      • jp – 「Japanese Glyph Variants」ボタンに接続
  • フィルターは filter と呼ばれるセクションで定義され、すべてのグリフプロバイダーで利用できる。
    • オブジェクトのキーはバリアント名 (例: uniform)
    • グリフプロバイダーは、フィルター内の値がキー内のバリアントの実際の値と一致する場合にのみ含まれる。

シェーダ

  • コアシェーダ定義内の未使用の属性配列が削除された。
  • 未使用の position_color_normal シェーダー と position_tex_lightmap_color シェーダーが削除された。
  • Position_tex_color_normal シェーダー (クラウドでのみ使用) はrendertype_clouds に置き換えられた。
  • IViewRotMat ユニフォームが削除され、エンティティの Position 属性 (カメラ相対) はワールド空間になった。
  • ライトの方向の均一性がビューマトリックスによって事前乗算されなくなった。
  • 後処理シェーダー blur の名前が box_blurに変更。
  • オプションのブール値フィールド use_linear_filter を後処理パスに追加。これを true に設定すると 、そのパスのテクスチャサンプリングモードが最近傍サンプリングから線形補間に切り替わる。
  • 後処理シェーダーの entity_outline_box_blur を追加。

パーティクル

次のパーティクル タイプを追加。

  • infested
  • item_cobweb
  • ominous_spawning
  • raid_omen
  • small_gust
  • trial_omen
  • trial_spawner_detection_ominous
  • vault_connection

サウンドイベント

以下のサウンドイベントを追加。

    • cobweb.break
    • cobweb.fall
    • cobweb.hit
    • cobweb.place
    • cobweb.step
    • trial_spawner.about_to_spawn_item
    • trial_spawner.ambient_charged
    • trial_spawner.charge_activate
    • trial_spawner.spawn_item_begin
    • trial_spawner.spawn_item
    • mob_effect.bad_omen
    • mob_effect.raid_omen
    • mob_effect.trial_omen
    • ominous_bottle.dispose

実験的な機能

次の変更は、対応する実験データパックをアクティブにするか、ワールドの作成中に実験画面でそれをオンにすることによって、それぞれの実験がオンになっている場合にのみ適用される。

  • メイスを追加。
  • ブリーズロッドアイテムを追加。
  • ブリーズをアップデート。
  • ウィンドチャージアイテムを追加。
  • 宝物庫ブロックを追加。
  • 不吉なイベントにアクセスできるように不吉な予感を再設計。
  • 不吉な瓶を追加。
  • 不吉なトライアルスポナーを追加。
  • 不吉な宝物庫を追加。
  • 不吉なトライアルキーを追加。
  • ボグドを追加。
  • 6つの新しいモブ効果を追加。

メイス

  • 敵を粉砕する新しい重火器!
  • ブリーズロッドとヘビーコアでクラフト可能。
  • ターゲットに攻撃が当たる前に落下した距離が長いほど追加のダメージを与える。
    • ターゲットに向かって飛び降りて、地面に着く前にターゲットを攻撃する。
    • この方法でターゲットを攻撃することに成功すると、ウィンドチャージの仕組みと同様に、落下によって蓄積されたダメージが無効になる。
    • 攻撃を受けた敵の近くにある他のモブは、ノックバックする。
  • メイスを使用すると、他の武器と同様に耐久性が減少する。ブリーズロッドを使って金床で修理できる。
  • プレイヤーはメイスとウィンドチャージを組み合わせて使用​​することで強力なスマッシュ攻撃ができる。
  • メイスのスマッシュ攻撃によって与えられる基本的な追加ダメージは、落下したブロックごとに 3 (ハート5) に減少。
  • これらの既存のエンチャントをメイスに適用できる。
    • 修繕
    • 耐久力
    • アンデッド特効
    • 虫特効
    • 火属性
    • 消滅の呪い
  • メイスに固有の 3 つの新しいエンチャントが導入。
    • 高密度:
      • コモンエンチャント、エンチャントテーブルおよび戦利品のエンチャントされた本から入手可能。
      • 5 段階のレベルがある。
      • 高密度でエンチャントされたメイスは、高密度のレベルごとに、落下したブロックごとにより多くのダメージを与える。
        • 落下したブロックごとに与えられるダメージは高密度のレベルごとに 1 ずつ増加。
      • 防具貫通:
        • レアエンチャント、エンチャントテーブルおよび戦利品のエンチャント本から入手可能。
        • 4 段階のレベルがある。
        • 防具貫通がエンチャントされたメイスは、ターゲットの鎧の効果を低下させる。
          • アーマーの有効性が防具貫通のレベルごとに 15% 減少。
        • ウィンドバースト:
          • 不吉な宝物庫でのみ見つけることができるユニークエンチャント。
          • 3 段階のレベルがある。
          • ウィンドバーストが付与されたメイスは、敵に命中するとウィンドバーストを発し、アタッカーを上方に打ち上げ、次々とスマッシュ攻撃をつなげることができる。
          • 各レベルは攻撃者を空中で跳ね返す。

ヘビーコア

  • ミステリアスで密度の高いブロックで、ブリーズロッドと組み合わせて新しい武器、メイスをクラフトできる。

ブリーズロッド

  • ブリーズがドロップするアイテムで、4 つのウィンドチャージをクラフトしたり、ヘビーコアと組み合わせてメイスをクラフトできる。

ブリーズ

  • プレイヤーに倒されたときに 1~2 個のブリーズロッドをドロップするように。
    • ドロップされるブリーズロッドの数はドロップ増加のエンチャントの影響を受ける。
  • 新しいサウンドエフェクトを追加し、既存のサウンドを微調整。
  • ブリーズはすべての発射物を反射するように。
  • 反射された発射体は射手の方向に逸れるように。
  • ブリーズはアイアンゴーレムに対して攻撃的になった。
  • ブリーズは次のモブからの攻撃に報復しなくなった: スケルトン、ストレイ、ゾンビ、ハスク、クモ、洞窟グモ、スライム
    • 上記のモブは、ブリーズのウィンドチャージ発射体によってダメージを受けても報復しない。
  • ウィンドチャージ発射体のモデル、テクスチャ、アニメーションを更新して、よりダイナミックな外観と感触を与えた。

ウィンドチャージ

  • そよ風になろう!ウィンドチャージを使用すると、ブリーズのようなウィンドチャージ発射体が発射される。
  • ウィンドチャージは、爆風の影響でエンティティを打ち上げるために使用できる。
  • プレイヤーはウィンドチャージを使用して空中に高く飛ぶこともできる。
  • プレイヤーが発射したウィンドチャージは、ブリーズよりも 10% 多くのノックバックを与えるが、影響範囲ははるかに小さい。
  • ブリーズによって発射された発射物と同様に、プレイヤーによって発射されたウィンドチャージも、エンティティに直接当たった場合にダメージを与える。
  • 使用後は 0.5 秒のクールダウンがある。
  • ウィンドチャージはディスペンサーから発射可能。
  • ウィンドチャージで自らを打ち上げたプレイヤーは、爆風を食らった場所の y 座標以下の落下ダメージのみを蓄積する。
    • これは、たとえば、プレイヤーが y64 でウィンドチャージを使用して空中に 9 ブロック飛び上がり、y64 の開始位置に着地した場合、ダメージは 0 になることを意味する。

トライアルスポナー

  • トライアルスポナーには、トライアルチャンバーと同じデフォルトのルートテーブルが 2 つある。
  • トライアルスポナーは、プレイヤーが視界に入っているときにのみアクティブ化するようになった。

トライアルチャンバー

  • トライアルチェンバーが地下で見つかった場合、より確実に地形に埋もれるように。
  • 不吉な宝物庫が部屋の中、交差点、廊下の端に見つかるように。
  • トライアルチャンバーの飾り壺には、渦巻きの、風巻く者、斧の壺の欠片が表示される可能性がある。
  • 再設計されたディスペンサートラップ。
  • 新しいバリエーションとチャレンジを備えた特定の部屋を再設計。
    • chamber room 9 を Slanted room に再設計。
    • chamber room 3 を Pedestal room に再設計。
    • chamber room 5 を Eruption room に再設計。
    • chamber room 6 を Assembly room に再設計。
  • 宝物庫のレイアウトと配置を更新。
  • 廊下のトライアルスポナーの量が減少。
  • 廊下にアトリウムを追加。
  • 交差点や廊下のさまざまなレイアウト変更。

既知の問題:

  • slanted の Corner quadrants は依然として正しく生成できない場合がある。

トライアルキー

  • 新しい宝物庫のビジュアルを反映するためにテクスチャを更新。

トライアルチャンバーの地図

  • 最寄りの製図家を一人前にレベルアップすると、近くのトライアルチャンバーを示す試練の間の地図と交換する機会が得られる。

宝物庫

  • 鍵のかかった宝物と戦利品が入ったブロック – 報酬を取り出すための正しい鍵を見つけよう。
    • トライアルチャンバー全体で見つけることができ、建物の最も貴重な戦利品が含まれる。
    • トライアルチャンバーのロックを解除するにはトライアルキーが必要。
  • プレイヤーの数に制限なくロックを解除できる。
    • プレイヤーが宝物庫のロックを解除した後は、その宝物庫を再びロック解除することはできない。
    • プレイヤーが以前にその宝物庫のロックを解除したことがない場合、近くにいるプレイヤーからオレンジ色のパーティクルが宝物庫に流れる。
  • 近くのプレイヤーに応じて開いたり閉じたりする鍵穴がある。
    • 近くのプレイヤーがその宝物庫のロックを解除していない場合、鍵穴は開いたままになる。
    • 近くのプレイヤー全員がその宝物庫のロックを解除した場合、鍵穴は閉じられる。
  • ケージ内では、ルートテーブルから取り出すことができるアイテムを循環して表示する。
  • 排出される報酬は、ロックが解除されるたびにルートテーブルからランダムに決定される。
  • サバイバルでは作成または入手できず、採掘しても何もドロップしない。
  • 防爆性があり、移動させることができない。

不吉なイベント

  • 不吉な予感が拡張され、トライアルチャンバーでのオプションのエクスペリエンスにアクセスできるように。
  • 不吉な予感を通じてアクセスできるこれらのオプションのエクスペリエンスは、不吉なイベントとして知られるように。
    • 通常よりも挑戦的で、ユニークな方法で体験を揺るがすように設計されている。
    • 襲撃は既存の不吉なイベントの一例。
  • 今回の再設計により、不吉な予感にいくつかの変更が加えられる。
    • 新しい影のアイコンとプレーヤーに適用されるサウンドが追加。
    • 村に入ったときに直接襲撃を引き起こさなくなった。
      • 代わりに、持続時間 30 秒の襲撃の前兆に変化。
      • 襲撃の前兆の有効期限が切れると、プレイヤーが襲撃の前兆を獲得した場所から襲撃が開始される。
      • 他のエフェクトと同様に、プレイヤーはミルク入りバケツを使って襲撃の前兆を消し、襲撃の開始を防ぐことができる。
    • 襲撃外で襲撃隊の大将を倒したプレイヤーには付与されない。
      • 代わりに、プレイヤーは新しい不吉な瓶を消費することで、不吉な予感にアクセスできるように。

不吉な瓶

  • プレイヤーが消費すると、1 時間 40 分間「不吉な予感」の効果を受けることができるアイテム。
    • 5 段階のバリエーションがあり、不吉な予感レベルごとに 1 つずつある。
    • 飲むと瓶が割れる。
    • 64個までスタック可能。
  • トライアルキーでロックが解除された宝物庫でまれに見つけることができ、襲撃外で襲撃隊の大将を倒した時にドロップされる。

不吉な試練

  • 不吉な予感が付与されている状態でトライアルチャンバーを探索することでアクセスできる新しい不吉なイベント。
  • このイベントでは、より強力なトライアルスポナーに挑戦できる。

試練の前兆

  • 不吉な予感が変化したバリエーションの一種。
    • これは、プレイヤーがトライアルスポナー (不吉ではない) の検出範囲内にいるときに発生。
    • 試練の前兆の持続時間は、15 分に変換された不吉な予感のレベルを掛けたもの。
  • 試練の前兆を持っているプレイヤーは不吉なパーティクルに囲まれる。

不吉なトライアルスポナー

  • ユニークなチャレンジと報酬を備えたより強力なアクティブフェーズを持つトライアルスポナー
    • 上級プレイヤーがより良い報酬を得るためのより挑戦的な体験を提供
  • トライアルスポナーが試練の前兆の効果を持つプレイヤーを検出した場合、次の条件で不吉なトライアルスポナーになる。
    • クールダウン中ではない。
    • または、クールダウン中だが、最後のアクティブ化時に『不吉な』ではなかった。
      • この方法で不吉化するとクールダウンがパスされる。
    • アクティブな間、次のことが行われる。
      • オレンジではなく青に光る。
      • 通常の炎の代わりに魂の炎を放出する。
      • 非常に高い確率で、モブがアイテムを装備できる場合、それらを装備してスポーンする。
        • これらのモブが身に着けている装備には、トライアルチェンバーから適用されたアーマートリムが付いている。
        • 既知の問題: これらのモブは現在、死亡時に装備をドロップするが、将来的にはドロップしなくなる。
      • プレイヤーやモブの上に定期的にポーションや発射物をスポーンさせる。
        • エリア内のスポナーは、その位置に基づいて、スポーンする発射体のランダムなセットを選択する。
        • これらの発射物には、考えられる一連の効果の中から常に 1 種類の残留ポーションが含まれる。
      • 『不吉な』になると、それが生成した既存のモブがすべてデスポーンされ、チャレンジがリセットされる。
        • 倒されてクールダウンが終了するまで、不吉なままになる。
      • 倒すと、通常のトライアルスポナーとは異なる戦利品セットがドロップする。

不吉な試練の鍵

  • 不吉なトライアルスポナーをクリアすることによってのみ入手できるトライアルキーの新しいバリエーション。
  • 不吉な宝物庫のロックを解除するために使用できる。

不吉な宝物庫

  • テクスチャが異なり、通常の炎の代わりに魂の炎を放出する宝物庫のバリエーション。
  • これらは、トライアルチャンバー全体の見つけにくい場所にあり、ロックを解除するには不吉な試練の鍵が必要。
    • これらの宝物庫には、トライアルキーでロック解除できる通常の宝物庫よりも価値のある報酬セットが含まれている。

ボグド

  • 毒矢を放つスケルトンの新種
    • 体力 16 (通常種は20)
    • 攻撃間隔は5 秒 (通常種は2秒)
  • プレイヤーによって殺された場合、毒の矢をドロップする可能性がある。
  • 沼地やマングローブ湿地に自然にスポーンする。
    • 一部のトライアルチャンバーのトライアルスポナーからもスポーンする。
  • ボグドはハサミを使うと 2 つのキノコ (赤/茶色の両方、またはそれぞれ 1 つずつ) をドロップする。

モブ効果

  • 以下の効果が追加された。
    • 蓄風
      • 影響を受けたエンティティは死亡時にウィンドバーストを発する。
      • 奇妙なポーションとブリーズロッドで醸造。
    • 巣張り
      • 影響を受けたエンティティは死亡時にクモの巣を広げる。
      • 影響を受けるエンティティは、通常の速度の 25% ではなく 50% でクモの巣を移動できる。
      • 奇妙なポーションとクモの巣で醸造。
    • 滲出
      • 影響を受けたエンティティは死亡時に 2 匹のスライムをスポーンさせる。
      • 奇妙なポーションとスライムブロックで醸造。
    • 虫食い
      • 影響を受けたエンティティはダメージを受けたときに 10% の確率で 1~2 匹のシルバーフィッシュをスポーンさせる。
      • 奇妙なポーションと石で醸造。
    • これらの効果は、不吉なトライアルスポナーを攻略しているときに発生する可能性がある。
    • 一部のモブはこれらの影響を受けない。
      • スライムは滲出に耐性がある。
      • シルバーフィッシュは虫食いに対して耐性がある。
    • 滲出を受けたモブが死ぬたびに、5x5x5のエリア内にスライムが何体いるかをチェック。
      • 量がエンティティ上限 (デフォルトでは 24) を超えると、スライムはスポーンされない。
      • それを超えない場合は、エンティティ上限まで 2 つのスライムをスポーンしようとする。

銅の格子

  • 銅ブロックを石切りして銅の格子を作ると、4 個の銅格子が入手できる。

壺の欠片

  • 渦巻き、風巻く者、斧の壺の欠片を追加。
  • これらは、トライアルチャンバーで表示されている飾り壺を壊すことで入手できる。

旗の模様

  • 渦巻き、風巻く者の旗の模様を追加。

アーマートリム

  • ネジ止め風の装飾と旋風の装飾のアーマートリムと鍛冶型を追加。
  • ネジ止め風の装飾は銅ブロックまたは錆止めされた銅を使用して複製できる。
  • 旋風の装飾はブリーズロッドを使用して複製できる。

進捗

  • 次の進歩が追加された。
    • Minecraft: トライアル版 – トライアルチャンバーに足を踏み入れる。
    • 錠と鍵に隠されしもの – トライアルキーを使って宝物庫を解錠する。
    • 逆風 – ウィンドチャージを反射してブリーズを倒す。(チャレンジ – 40 経験値を入手)
    • ロケットなんていらないよ – ウィンドチャージを使って 8 ブロック以上飛び上がる。
    • 自動作業台製自動作業台 – 自動作業台が自動作業台をクラフトした際にその近くにいる。
    • 明るくなーれ – 銅の電球を斧でこすって明るくする。
    • 超・やりすぎ – メイスを使って一撃でハート 50個分のダメージを与える。(チャレンジ – 50 経験値を入手)
    • 怪錠 – 不吉な試練の鍵を使って不吉な宝物庫を解錠する。

村人の取引の再調整

  • 村人の取引の再調整実験では、鎧を購入する村人が耐久性を無視し、破損した鎧を購入できるようになった。

1.20.5のバグを修正

このリリースでは約 210 のバグが修正された。問題トラッカーのリストはこちら。

引用元:Minecraft: Java Edition 1.20.5 – Armored Paws

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント一覧