アプデ情報

【マイクラ】1.20.60.23 ベータ版とプレビュー アプデ情報まとめ【統合版】

【マイクラ】1.20.60.23 ベータ版とプレビュー アプデ情報まとめ【統合版】

実験的な機能

アルマジロ

  • アルマジロを追加
  • アルマジロは中立のMob
  • アルマジロの甲羅を定期的にドロップ
  • ブラッシングするとアルマジロの甲羅を落とす
  • サバンナにスポーン
  • 好きな食べ物は蜘蛛の目
  • アルマジロは脅威を検出すると、丸くなる
    • 脅威は以下の通り
      • スプリントするプレイヤー
      • 乗り物または乗り物に乗っているプレイヤー
      • アンデッドのモブ
    • 逃走中、水中、空中、または誘導されている場合は丸くならない
    • アルマジロは丸まると、歩けず、食べることもできず、食べ物に誘惑されなくなる。
    • 3 秒間脅威が検出されなかった場合は丸くなる状態を解除する

アルマジロの甲羅 (Armadillo Scutes)

  • オオカミの防具の作成に使用できる
  • アルマジロがドロップする
  • ディスペンサーを使用して、アルマジロからドロップさせることができる

オオカミの防具 (Wolf Armor)

  • 飼いならされた大人のオオカミにオオカミの防具を使用することで装備できる
    • 飼い主のみが装備させることができる
    • ディスペンサーを使って装備させることはできない
  • オオカミの防具を着ているオオカミにハサミを使用することで外すことができる
    • 飼い主のみが外すことができる
    • ディスペンサーを使って外すことはできない
  • オオカミの防具は、ダイヤモンドの馬鎧と同等のアーマーを付与する。
  • オオカミの防具を着ているときにオオカミが死ぬとオオカミの防具をドロップする。

ブロック

  • トライアルチャンバー内の風化、錆びた、酸化した銅の電球に錆止めがされるように (MCPE-176949)
  • トライアルスポナーは、すべてのプレイヤーに対して各戦闘で一度だけルートテーブルをランダム化する

銅の格子

  • 錆止めされた銅の格子の透明度に関する問題を修正 (MCPE-177171)

  • Breeze WindとWind Chargeのレンダリングが調整

コマンド

  • HUD 要素の表示を非表示にしてリセットする新しいコマンドを追加。
    • /hud hide <hud element>
    • /hud reset <hud element>
  • 利用可能な HUD 要素は次のとおり。
    • paperdoll
    • armor
    • tooltips
    • touch_controls
    • crosshair
    • hotbar
    • health
    • progress_bar
    • hunger
    • air_bubbles
    • horse_health
    • all
    • このコマンドを使用するには、「今後のクリエイター機能」トグルをオンにする

機能とバグ修正

ゲームプレイ

  • ディメンションを頻繁に切り替えるときに発生するクラッシュを修正 (MCPE-166934)
  • 62 などの特定の高さでインタラクションを実行するときにプレイヤーが予期せぬ落下ダメージを受ける原因となる特定のケースを修正 (MCPE-168518)
  • プレイヤーがブロックの上に立って積み上げているときに予期しない落下ダメージを受けることがある問題を修正 (MCPE-120140)
  • プレイヤーがブロックの端付近で予期せぬ落下ダメージを受ける可能性があるいくつかのケースを修正 (MCPE-120140)

モブ

  • ゾンビなどのモブが地面からアイテムの完全なスタックを拾うことができなかった問題を修正

グラフィカル

  • Xbox シリーズコンソールに 4K 解像度のサポートを追加

ユーザーインターフェース

  • 新しいプレイ画面の友達の引き出しで、参加ボタンを使って友達のワールドに参加できるようになった

ワールド編集画面を更新

  • [世界を編集] が更新、ナビゲーションの改善、説明の追加、[ワールド新規作成] 画面に一致する新しいルックアンドフィールが追加

レルム

  • Realms の新しいソーシャルハブの Realms Stories を導入
    • Realms Stories の機能
      • ストーリーフィード – ゲームプレイの最高の瞬間を他の Realm メンバーと共有可能
      • タイムライン – 他のメンバーがレルムでいつプレイしているかを確認できる
      • [メンバー] タブ – すべてのレルムメンバーとその権限レベルのリストが表示される
    • 1.20.60.23 を初めて起動するときは、Realms ストーリーにアクセスできない。
      • Realms Stories を使用するには、ゲームを起動して閉じ、再度起動すること。
    • 既知の問題点:
      • Realms ストーリーを終了して戻ってくるまで、ストーリーフィードは他のユーザーが投稿した新しいストーリーを更新できない
      • レルムに招待されているがまだ参加していないユーザー、およびレルムにいたがその後脱退した以前のメンバーが、「メンバー」タブに表示される。
      • ストーリーやコメントに関するオーナーへの通知が機能しない
      • [メンバーの管理] をレルム所有者としてクリックするとハングが発生する可能性がある。
      • コメントが正しく表示されない場合がある
      • スクリーンリーダーのナレーションが完了していない
      • レルムメンバーは、[メンバー] タブに自分自身を表示しない

技術アップデート

アドオンとスクリプトエンジン

  • 「minecraft:geometry」ブロックコンポーネントの識別子「minecraft:geometry.full_block」が追加
    • 「minecraft:geometry.full_block」識別子は中心の 1x1x1 立方体ジオメトリを提供
    • 「render_layer」:「opaque」を指定した material_instances コンポーネントと組み合わせると、以前に「minecraft:unit_cube」コンポーネントに含まれていた次のようなレンダリング専用機能が有効になる:
      • バニラとカスタムの隣接するフルブロックの両方をオクルージョンする
      • バニラとカスタムの隣接するフルブロックに隣接する面をカルリングして、レンダリングパフォーマンスを向上させる。
    • コンテンツエラーログを追加して、ブロックごとの状態ビット/順列数に達するか、それを超えるコンテンツをクリエイターが識別できるように (MCPE-177045)

一般的

  • バニラのドキュメントのブロック状態「orientation」のリスト値を更新

API

  • バイオームレジストリのバイオーム名と StructureFeatureType 列挙型をバニラのメタデータ生成に追加

コンポーネント

  • 「ageable」コンポーネントに「interact_filters」フィールドを追加。
    • これにより、アクターに餌を与えることができる条件を指定できるように。

エディター

今週の更新情報

  • 選択ツールの BlockType のデフォルトブロックが「草」になった
  • スクリプト化されたプロパティペインは、特定の高さに達するとスクロール可能に
  • エディターのプレイテストペインでは、レベルをテストする際の時刻と天気の設定、およびレイアウトの軽微な調整がサポートされるように
    • プレイテストペインの時間は、Minecraft 時間 (0 ~ 23999) または 24 時間時間 (00:00 ~ 23:59) のいずれかをサポート
  • 新しいバインディングとスクリプトのサポートを追加して、TypeScript オブジェクトをペイロードとしてトランザクションスタックにプッシュし、トランザクションシステムが元に戻すイベントまたはやり直しイベントを受信したときにペイロードを受け取る一連のハンドラー関数を登録できるように
  • ナビゲーションレコードシステムがエディターに追加。
  • stringFromExtension のエクスポートを追加して、内部と外部の両方の Creator Extension で使用できるように
  • 新しいラインツールがエディタに追加
  • エディター UI は、ゲームウィンドウのサイズではなく画面解像度に応じて拡大縮小されるように
  • プレイ/テストペインのプロパティオプションは、ゲームのリロード時に値を保持する

モラン

  • Molang クエリを実験版からリリース
    • query.is_cooldown_type
    • query.cooldown_time
    • query.cooldown_time_remaining
    • query.relative_block_has_any_tag
    • query.relative_block_has_all_tags
    • query.block_neighbor_has_any_tag
    • query.block_neighbor_has_all_tags
    • query.block_has_any_tag
    • query.block_has_all_tags
    • query.bone_orientation_trs
    • query.bone_orientation_matrix

実験的な技術的特徴

アドオンとスクリプトエンジン

  • 「Minecraft:unit_cube」ブロックコンポーネントが廃止。
    • 1.20.60 以降とマークされたコンテンツで使用すると、コンテンツエラーが発生する
    • 1.20.60 より前にマークされたコンテンツを使用すると、「minecraft:unit_cube」ブロック コンポーネントが「minecraft:geometry.full_block」識別子を持つ「minecraft:geometry」ブロックコンポーネントにアップグレードされますが、すべての動作との下位互換性は維持される

API

  • 追加された効果(失敗した場合は未定義)を返す関数 addEffect を更新。
    • この変更はベータ版であり、この機能の現在リリースされているバージョンに影響しない
  • アイテムの動的プロパティを追加
    • 追加関数 clearDynamicProperties(): void – アイテムスタックからすべての動的プロパティを削除する
    • 追加された関数 getDynamicProperty(identifier: string): boolean | number | string | Vector3 | undefined – 指定された識別子を持つ動的プロパティの値が存在する場合はその値を返し、それ以外の場合は未定義を返す
    • 追加された関数 getDynamicPropertyIds(): string[] – アイテムスタック上のすべての動的プロパティ識別子の配列を返す
    • 追加された関数 getDynamicPropertyTotalByteCount():number – アイテムスタック上のすべての動的プロパティの合計バイト数を返す
    • 追加された関数 setDynamicProperty(identifier: string, value?: boolean |number | string | Vector3): void – 指定された識別子を使用して動的プロパティの値を設定、値が未定義の場合、動的プロパティは削除される。
  • クラス EntityProjectileComponent を追加。このコンポーネントは、発射物エンティティを発射し、そのプロパティを変更するために使用される
  • インターフェース ProjectileShootOptions を追加。このインターフェースは、shoot 関数で使用され、オプションで発射時の発射精度を変更する

モラン

  • クールダウンクエリスロット ID が、複数のインデックスを持つコンテナスロットに必須となるように変更され、指定されていない場合はコンテンツエラーがログに記録される。
    • query.cooldown_time(slotName,slotId)
    • query.cooldown_time_remaining(slotName,slotId)
    • query.is_cooldown_type(cooldownName,slotName,slotId)

グラフィカル

  • Deferred Technical Preview の一人称モードでプレーヤーの体に影がかかるように
    • 一部の保持アイテムは依然として影を投影しない
  • Deferred Technical Preview が有効になっている状態で PBR 対応の世界に入ったときに、Android で読み込み画面が黒くならなくなった
  • Deferred Technical Preview が有効になっている場合、トロッコのホッパーでカメラの動作中にゴーストアーティファクトが表示されなくなった
  • Deferred Technical Preview が有効になっているワールドから出るときにゲームがクラッシュしなくなった

引用元:Minecraft Beta & Preview – 1.20.60.23

コメント一覧