アプデ情報

【マイクラ】1.20.80 – Armored Paws アプデ情報まとめ【統合版】

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【マイクラ】1.20.80 – Armored Paws アプデ情報まとめ【統合版】

新機能

アルマジロ

  • アルマジロは、次のような新しい中立的モブ。
    • サバンナと荒野のバイオームにスポーン。
    • アルマジロの甲羅を定期的にドロップ。
    • ブラシを使うとアルマジロの甲羅をドロップ。
    • 好きな食べ物はクモの目。

アルマジロのロールアップ行動

  • アルマジロは、次のような脅威を検出するとロールアップする。
    • スプリントするプレイヤー。
    • 乗り物または乗り物に乗っているプレイヤー。
    • アンデッドのモブ。
    • 最近攻撃したモブ、またはプレイヤー。
  • 次の場合にはロールアップされない。
    • 逃げている。
    • 水中にいる。
    • 空中にいる。
    • リードに繋いでいる。
  • アルマジロはロールアップすると、歩けず、食べることもできず、食べ物に誘惑されなくなる。
    • 時々覗いて周囲を確認し、4 秒間脅威が検出されなかった場合、ロールアップが解除される。
    • ロールアップ状態では、甲羅が身を守り、与えるダメージを軽減し、弱い攻撃にも十分耐えることができる。
    • クモと洞窟グモは、丸まった状態でない場合にのみ、アルマジロから逃げる。

アルマジロの甲羅

  • アルマジロの甲羅を使用してオオカミの防具をクラフトできる。
  • アルマジロがドロップする。
  • ディスペンサーでブラシを使っても、アルマジロの甲羅をドロップする。

オオカミの防具

  • オオカミの防具は、耐久値をすべて失って壊れるまで、ほとんどのダメージ源からオオカミを守る。
  • オオカミの防具は耐久値が低下するにつれて見た目が破損していく。
  • プレイヤーは、アルマジロの甲羅を使ってオオカミの防具をオオカミに装備している間、または金床で修理できる。
  • オオカミの防具は革の鎧と同様の方法で染色できる。
  • 飼いならされた大人のオオカミにオオカミの防具を使用すると、オオカミに装備される。
  • オオカミの飼い主だけが、オオカミの防具を装備させることができ、ディスペンサーでは装着できない。
  • オオカミの防具を装備しているオオカミにハサミを使用すると、外すことができる。
  • オオカミの飼い主だけが、オオカミが装備しているオオカミの防具を修理したり、外すことができ、ディスペンサーで外すことはできない。
  • オオカミの防具を装備しているオオカミが死ぬとオオカミの防具をドロップする。

飼いならされたオオカミの体力とダメージ

  • 飼いならされたオオカミの体力は 20 HP (ハート 10 個) ではなく、40 HP (ハート 20 個) になった。
  • 以前のように、ほとんどの環境によるダメージを半減する能力が無くなった。
    • ほとんどの場合、この変更前と変更後で違いはないが、プレイヤーや矢から受けるダメージにより耐えられるようになった。
  • オオカミに餌を与えると回復する HP が 2 倍になった。
  • オオカミのスポーン条件が調整され、粗い土とポドゾルブロックにスポーンできるように。

オオカミの亜種

新しいオオカミの亜種が追加。

  • 白いオオカミ – タイガバイオームにスポーンするおなじみのオオカミの種類。
    • デフォルトのパックサイズは 4。
  • 森のオオカミ – 森林バイオームでスポーンする種類。
    • 森林バイオームは非常に一般的であるため、これはオーバーワールドで見つけることができる主要なオオカミの種類になる。
  • 灰色のオオカミ – 雪のタイガバイオームでスポーンする種類。
  • 黒いオオカミ – マツの原生林バイオームでスポーンする種類。
    • 2 ~ 4 の小さなパックサイズでスポーン。
  • 栗色のオオカミ – トウヒの原生林バイオームでスポーンする種類。
    • 2 ~ 4 の小さなパックサイズでスポーン。
  • 赤茶色のオオカミ – 新しいスポーン場所 – まばらなジャングルバイオームにスポーンする種類。
    • 2 ~ 4 の小さなパックサイズでスポーン。
  • まだら模様のオオカミ – 新しいスポーン場所 – サバンナの高原バイオームにスポーンする種類。
    • 4 ~ 8 の大きなパックサイズでスポーン。
  • しま模様のオオカミ – 新しいスポーン場所 – 森のある荒野バイオームにスポーンする種類。
    • 4 ~ 8 の大きなパックサイズでスポーン。
  • 雪のオオカミ – 林バイオームにスポーンする種類。
    • いつも一人で歩いている珍しいタイプ。

他の方法 (例: スポーンエッグの使用または召喚コマンドの使用) で召喚された場合、バリアントの選択は、次の拡張機能を備えた自然なスポーンバイオームルールに従う。

  • 赤茶色のオオカミ: ジャングルおよび竹林を含むすべてのジャングルバイオームで選択される。
  • まだら模様のオオカミ: サバンナと吹きさらしのサバンナを含むすべてのサバンナバイオームで選択される。
  • しま模様のオオカミ: 荒野および侵食された荒野を含むすべての荒野バイオームで選択される。

Realms ストーリー

  • Realms の新しいソーシャルハブである Realms ストーリーの紹介。
    • Realms ストーリーの機能は次のとおり。
      • ストーリーフィード – ゲームプレイの最高の瞬間を他の Realm メンバーと共有可能。
      • タイムライン – 他のメンバーが Realm でいつプレイしているかを確認できる。
      • [メンバー] タブ – すべての Realm メンバーとその権限レベルのリストが表示される。
      • Realm イベント – Realm 内で特定のプレイヤーのアクションが行われたときに自動的に投稿されるストーリー。
        • これまでに 19 個のユニークな Realm イベントがある。
    • 既知の問題点:
      • iOS には少し時間が必要だが、近い将来そのプラットフォームで Realms ストーリーを展開する予定。
      • Xbox のみ: 複数のユーザーが Xbox にサインインしている場合、ユーザーはその Xbox から Realms ストーリーに投稿できない可能性がある。(プライマリユーザー以外のすべてのユーザーがログアウトしない限り)
      • Xbox のみ: 複数のユーザーが Xbox にサインインしている場合、Realm イベントは投稿されないが、記録される。
        • プライマリユーザーを除くすべてのユーザーが Xbox からサインアウトし、プライマリユーザーが Minecraft のプレイ画面に戻ると、以前に記録された Realm イベントが投稿されるが、間違ったユーザーにクレジットされる可能性がある。
      • ユーザーが分割画面モードの場合、プライマリユーザーのみが Realms ストーリーを開くことができる。
      • ユーザーがゲスト (Microsoft アカウントにサインインしていないユーザー) として使用されており、プライマリユーザーが投稿を行おうとすると、投稿が失敗するか、間違ったユーザーにクレジットされる可能性がある。

フレンド検索の機能強化

  • Minecraft でプレイヤーとつながる方法が改善。
    • プレイヤーをフォローしたり友達になったりできるように、次のような複数の機能を追加。
  • 推奨および提案されたフレンドリスト。
  • 入力中に部分的な結果が表示されるように検索が改善。
  • QR コードまたは共有リンクを通じてプロフィール情報を共有する機能。
  • ゲーマータグをクリップボードにコピーする便利なボタン。

実験的な機能

メイス

  • ターゲットに攻撃が当たる前に落下した距離が長いほど追加のダメージを与える。
    • ターゲットに向かって飛び降りて、地面に着く前にターゲットを攻撃する。
    • この方法でターゲットを攻撃することに成功すると、ウィンドチャージの仕組みと同様に、落下ダメージが無効になる。
    • 攻撃を受けた敵の近くにいる他のモブは、ノックバックする。
  • メイスを使用すると、他の武器と同様に耐久性が減少する。
    • 金床でブリーズロッドを使って修理できる。
  • プレイヤーはメイスとウィンドチャージを組み合わせて使用​​することで強力なスマッシュ攻撃ができる。

ブリーズロッド

  • ブリーズがドロップするアイテム。
  • ウィンドチャージを 4 個作成できる。
  • ヘビーコアと一緒に使用してメイスを作成できる。

ヘビーコア

  • ブリーズロッドと組み合わせてメイスをクラフトできる。
  • ヘビーコアは金庫から入手できる。

新しいアーマートリム

  • ボルトとフローのアーマートリムと鍛冶テンプレートを追加。
  • これらの新しいアーマートリムは金庫から入手できる。
  • 「ボルト風の装飾」鍛冶テンプレートは銅ブロックまたは錆止めされた銅ブロックを使用して複製できる。
  • 「フロー風の装飾」鍛冶テンプレートはブリーズロッドを使用して複製できる。

新しい旗の模様

  • 流れとガスターの旗の模様を追加。
  • これらの新しい旗の模様は金庫から入手できる。

新しい壺の欠片

  • フロー、ガスター、スクレイプ陶磁器の破片を追加。
  • これらの新しい陶磁器の破片は、トライアルチャンバー全体の飾り壺に表示される。

トライアルチャンバー

  • 製図家を一人前にレベルアップすると、近くのトライアルチャンバーの位置を指す地図を確率で取引できるようになる。
  • 新しいチャンバーとバリエーション、新たなチャレンジを追加。
    • Chamber_9 を作り直し、名前を「slanted」に変更。
    • Chamber_3 をリメイクし、名前を「pedestal」に変更。
  • 装飾構造プールの飾り壺にフロー、ガスター、スクレイプ陶磁器の破片を追加。
  • トライアルスポナーが廊下でより頻繁に出現するように。
  • 金庫の周りのブロックのレイアウトを変更。
  • いくつかの在庫管理の問題に対処するために、トライアルチャンバーの金庫のルートテーブルが更新。
    • 金庫ごとに取得できるスタック不可能なアイテムは 1 つだけになる。
    • スタック可能な報酬をより頻繁に獲得できるように。
    • 馬鎧と鞍がルートテーブルから削除。
  • トライアルチャンバーの金庫から以下を取り出すことができるようになりました。
    • 風力チャージ
    • 「ボルト風の装飾」鍛冶テンプレート
    • 「フロー風の装飾」鍛冶テンプレート
    • 「流れ」旗の模様
    • 「ガスター」旗の模様
    • ヘビーコア

修正と変更

一般的

  • プレーヤーがワールドを離れた後、iOS デバイスが自動ロックされず、アイドル状態になるとスリープ状態になる問題を修正。(MCPE-179214)

ゲームプレイ

  • 水中を泳いでいるときにジャンプボタンを押したままにしても、プレイヤーが水面で泳いでいるように見えながら溺れることがなくなった。(MCPE-170969
  • 水面または水面近くで水平に (上向きではなく) 泳いでいるときにジャンプボタンを押し続けると、プレイヤーは呼吸が可能な高さで水面を泳ぎ続ける。(MCPE-170969)
  • プレイヤーは、上に 1.5 ブロックの隙間があるベッドにスニーキングした後、クロール状態にならなくなった。(MCPE-178370)
  • 旅路の遺跡が 32 ビットデバイスで正しく生成されるように。(MCPE-178549)
  • ゲストプレイヤーがカスタムアーマーにトリムを追加できなかったバグを修正。(MCPE-170317)
  • バケツは設置直後に再び液体を拾うことができる。(MCPE-176634)

モブ

  • オオカミの尻尾が座っているとき正しい位置に配置されるように。(MCPE-31121)
  • オオカミがターゲットに正しく飛びつくようになりました ( MCPE-19740)
  • 飼いならされたモブが所有者にテレポートした後、クライアント/ゲストの視点から見た垂直位置を修正。(MCPE-139168)
  • 馬やボートが乗降時に予期せぬ場所に滑ることがなくなった。
  • ウサギが以前よりも林バイオームにスポーンする可能性が高くなった。
  • キツネが以前よりも林バイオームに出現する可能性が低くなった。

ブロック

  • ブリッジ時に時折ブロックが二重に設置される問題を修正。(MCPE-123455)
  • スイートベリーの低木は、幸運のエンチャントツールを使用して採掘すると、最大 6 個のスイートベリーをドロップするように。(MCPE-172622)
  • 完全に成長したカカオの実は、一貫して 3 つのカカオ豆をドロップするように。
  • チャンクの境界を越えて設置されたベッドが壊れたり、見えなくなったりする問題を修正。(MCPE-31389)

アイテム

  • 盾はガーディアンとエルダーガーディアンのレーザー攻撃によって与えられるダメージを部分的にブロックできるように。

グラフィカル

  • Xbox シリーズ本体の最大レンダリング距離が 36 に増加。
  • 欠落しているタイルのテクスチャを茶色の疑問符が付いた土ブロックに更新。
  • 「手の非表示」オプションが選択されている場合、リードが正しくレンダリングされるように。

ユーザーインターフェース

  • 更新された「あなたは死んだ!」画面は実験的ではなくなった。
  • フィードバックボタンは、メインメニューから「ヘルプセンター」というラベルが付いた [全般] タブの [設定] 画面に移動。
  • 標準の読み込みヒントを表示する時間間隔を延長。
  • 「上に移動」ボタンの範囲が拡大され、動きを止めずに近くのボタンまでゆっくりとスライドできるように。(MCPE-178399)
  • タッチデバイスでアイテムが交換されると、アイコンが正しい方向に移動するように。
  • タッチデバイスでは、選択されたアイテムの背景がすべての画面で青色になった。
  • ビーコン、製図台、鍛冶台の画面のタッチスクリーンバージョンで、飛行アイテムのアニメーションが表示されなくなった。
  • ゲーム内でキャラクタークリエイタースキンに遭遇したときのフレームの途切れを軽減。
  • ロック解除条件のないレシピがレシピブックに表示されないバグを修正。
  • タッチデバイスでは、アイテム転送アニメーションが静的アイテムの上にレンダリングされるように。
  • 実際にサインインが進行中に「サインイン中…」テキストがメインメニューに表示されない可能性がある問題を解決。

技術アップデート

更新されたアドオンテンプレートパック

  • 新しいリソース、動作、ドキュメントを含む 1.20.80 の更新されたアドオンテンプレートは、aka.ms/MCAddonPacks からダウンロードできる。

一般的

  • should_update_bones_and_Effects_offscreen should_update_Effects_offscreen が無視される問題を修正。
  • connect?localLevelId= または connect?localWorld= を使用してプロトコル起動を実行するときに、ワールドを起動する前にプライマリユーザーのログインが解決されない問題を修正。(MCL-24096)
  • ビヘイビアーパックのカスタム機能の読み込みを妨げるバグを修正。
  • ローカリゼーション文字列のロードプロセス中のクラッシュを修正。
  • FilterTextPacket を削除。

API

  • 動的インポート (例: import(“/my-module.js”)) が再び機能。
  • BlockTypes 、フラット化またはリファクタリングされたブロック名の有効なタイプを返すように。
  • EntityMountTamingComponent
    • EntityMountTamingComponent の名前を EntityTameMountComponent に変更。
    • setTamed の名前tame に変更。
  • BlockComponentTypes をベータ版から 1.10.0 にリリース。
  • EntityComponentTypes をベータ版から 1.10.0 にリリース。
  • ItemComponentTypes をベータ版から 1.10.0 にリリース。
  • 現在サポートする実装がないため、filters を削除。
  • コンポーネントがエンティティから削除された場合に適切に false を返さなかった一部のコンポーネントの isValid メソッドを修正。
  • ItemColorComponent/ItemColor2Component で使用するために PaletteColor 列挙型をベータ版に追加。
  • minecraft:color2 読み取るための ItemColor2Component をベータ版に追加。
  • 32kb を超えるキーを使用して動的プロパティを設定すると例外が発生するように。
  • EntityType EntityTypes をベータ版から 1.11.0 に移動。
  • playMusic、Player.queueMusicPlayer.stopMusic をベータ版から 1.11.0 にリリース。
  • BlockAreaSize をベータ版から削除し、使用法を Vector3 に置き換えた。
  • getItemCooldown および player.startItemCooldown のパラメータ itemCategory の名前を CooldownCategory に変更。
  • API ガイドラインに従って、タイプを EnchantmentType のみに変更。
  • アイテムのエンチャント可能なスロットを決定するために、EnchantmentSlot スロットをベータ版に追加。
  • ベータ API 機能フラグの下に「minecraft:custom_components」ブロックコンポーネントを追加。

モブ

  • Bedrock にスポーンカテゴリを追加。
    • これらは将来、モブのスポーンに使用される予定。
    • スポーンカテゴリはエンティティビヘイビアーパックファイルで有効になっているが、まだ機能していない。

ブロック

  • 「minecraft:crafting_table」コンポーネントを持つカスタムブロックの「crafting_tags」フィールドでカスタムタグを使用しているブロックが、ロック解除可能なカスタムレシピをサポートするように。(MCPE-175555)
    • これにより、レシピのロック解除がオンになっているときに一部のレシピが表示されないバグが修正。
  • 「sapling」ブロックは、「oak_sapling」、「spruce_sapling」、「birch_sapling」、「jungle_sapling」、「acacia_sapling」、「dark_oak_sapling」という固有のインスタンスに分割された。
  • 「coral_fan」ブロックは、「tube_coral_fan」、「brain_coral_fan」、「bubble_coral_fan」、「fire_coral_fan」、「horn_coral_fan」という固有のインスタンスに分割された。
  • 「coral_fan_dead」ブロックは、「dead_tube_coral_fan」、「dead_brain_coral_fan」、「dead_bubble_coral_fan」、「dead_fire_coral_fan」、「dead_horn_coral_fan」という固有のインスタンスに分割された。
  • 「red_flower」ブロックは、「poppy」、「blue_orchid」、「allium」、「azure_bluet」、「red_tulip」、「orange_tulip」、「white_tulip」、「pink_tulip」、「oxeye_daisy」、「cornflower」、「lily_of_the_valley」という固有のインスタンスに分割されました。

カメラ

  • 「extend_player_rendering」カメラコンポーネントを追加。
    • これにより、最大エンティティレンダリング距離を超えている場合でも、プレイヤー (および乗馬やリードを通じて接続されているエンティティ) をレンダリングできるように。
  • 「minecraft:free」カメラに「extend_player_rendering」コンポーネントを追加。
    • このコンポーネントは、現在の機能の強化と改善を目的としており、デフォルトで「true に設定」される。
    • このコンポーネントを false に設定すると、追加されたレンダリング機能が削除される。
    • このカメラ機能およびその他のカメラ機能の詳細については、カメラコマンドの概要 を参照。
  • カメラがプレイヤーから遠く離れた場所に配置されている場合でも、その情報がすでにサーバー上に存在する場合、サーバーはカメラの周囲のチャンクとアクターをクライアントに送信するように。

コマンド

  • /hud コマンドを今後のクリエイター機能の実験的な切り替えから移動。
    • 含まれる HUD 要素の詳細については、hud コマンド を参照。
  • /titleraw および /tellraw を更新して、入力キーグリフのレンダリングのサポートを追加。

コンポーネント

  • 「interact」コンポーネントのフィールド「equip_item_slot」と「drop_item_slot」は、アーマースロットとインベントリスロットの両方をサポートするように。
    • アーマースロットは「slot.armor.head」、「slot.armor.chest」、「slot.armor.legs」、および「slot.armor.feet」として指定される。
    • インベントリスロットは正の数値として指定されていたが、文字列として表現されるように。
    • この変更には、ワールドバージョン 1.20.80 以降が必要。
  • 「interact」コンポーネントに「repair_entity_item」フィールドを追加。
    • これにより、エンティティのインベントリまたはアーマースロットのいずれかにあるアイテムを修復できるように。
  • 「behavior.follow_owner」を実行しているエンティティは、所有者にテレポートするときに互いにスタックする危険がなくなった。
  • 「minecraft:body_rotation_blocked」コンポーネントを追加。
    • これにより、エンティティが自身の向きに合わせて体を視覚的に回転させることができなくなる。
  • 「behavior.timer_flag_1」、「behavior.timer_flag_2」、および「behavior.timer_flag_3」の持続時間とクールダウンは、スポーン時のみではなく、開始時と停止時の両方で正しくランダム化されるように。

エンティティフィルター

  • エンティティが座っているかどうかをチェックする新しいエンティティフィルター「is_sitting」を追加。
  • 新しいエンティティフィルター「has_damaging_equipment」を追加。
    • これは、エンティティの指定されたスロットに特定の破損した装備があるかどうかをチェック。

Molang

  • 指定されたスロットのアーマーアイテムのダメージ値を返す新しいクエリ「query.armor_slot_damage」を追加。

レシピ

  • 異なる出力を持つ対称的な形状のレシピを可能にするために、形状レシピに assume_symmetry ブール値プロパティを追加。

実験的な技術アップデート

API

  • BlockComponentStepOnEvent をベータ版に追加。
  • BlockRegistry をベータ版に追加。
  • WorldInitializeBeforeEvent を追加。
  • BlockCustomComponent を追加。
  • ディメンション
    • 関数 getBlocks(volume: BlockVolumeBase, filter: BlockFilter,allowUnloadedChunks?: boolean): ListBlockVolume を追加。
      • フィルターに一致する場合にボリューム内のブロックを取得。
    • 関数 containsBlock(volume: BlockVolumeBase, filter: BlockFilter, allowedUnloadedChunks?: boolean): boolean を追加。
      • ボリューム内のブロックがフィルターに一致する場合は true、それ以外の場合は false を返す。
  • ItemCooldownComponent をベータ版から 1.10.0 に移動。
  • BlockComponentStepOffEvent をベータ版に追加。
  • onStepOff BlockCustomComponent に追加。
  • BlockComponentRandomTickEvent をベータ版に追加。
  • onRandomTickBlockCustomComponent に追加。
  • StructureManager
    • getIds(): string を追加。- メモリとワールドに保存されたすべての構造物を含む識別子のリストを返す。
    • 以前にワールドに保存されたがロードされていない構造物が削除機能で削除されないバグを修正。
    • createEmpty のデフォルトの保存モードを Memory に変更。
  • EntityQueryOptions
    • フィールド propertyOptions?: EntityQueryPropertyOptions[]; を追加。
  • EntityQueryPropertyOptions
    • フィールド exclude を追加。– propertyId を除外する場合。
    • フィールド propertyId を追加。– プロパティ ID
    • フィールド value を追加。– ターゲット値または比較。
  • 等しい比較
    • equals が追加。
  • より大きい比較
    • greaterthan を追加。
  • 以上の比較
    • greaterThanOrEquals を追加。
  • 未満比較
    • lessThan を追加。
  • 以下の比較
    • lessThanOrEquals を追加。
  • 等しくない比較
    • notEquals を追加。
  • 範囲比較
    • lowerBound upperBound 追加。
    • worldInitialize をベータ版から 1.10.0 に移動。
  • EntityProjectileComponent をベータ版から 1.10.0 に移動。
  • 古い Vector を削除。代わりに @minecraft/math Vector3Utils を使用するように。
  • ModalFormData
    • フォームの送信ボタンのテキストを設定するための submitButton メソッドを追加。
  • Structure API
    • 関数 setBlockPermutation(location: Vector3, blockPermutation?: BlockPermutation, Waterlogged?: boolean): void を追加。– 構造物内の指定された位置にブロックの置換を設定。
  • StructureManager
    • 関数 saveToWorld(): void を追加。– より広範なワールドストレージの一部として構造物を保持。
    • 関数 saveAs(identifier: string, saveMode?: StructureSaveMode): Structure を追加。– 新しい識別子を使用して構造のコピーを保存。
  • EntityHitBlockAfterEvent
    • hitBlockPermutation プロパティをベータ版に追加。
  • Creator 設定メニューには、ワールドロード (または /reload) 時にデバッガーを自動的に接続する新しいオプションがある。
    • これにより、ロード時のブレークポイントの設定 (およびキャッチ) が容易になり、デバッガーのスラッシュコマンドを入力する手間が省ける。
  • BaseBlockVolume を拡張するクラス ListBlockVolume を追加。- 複数のブロックの場所を保存するボリューム。
  • Structure
    • クラスの名前を StructureTemplate から Structure に変更。
    • 読み取り専用プロパティ size: Vector3 を追加。– 構造物のサイズをブロック単位で返す。
    • 関数 getBlockPermutation(location: Vector3): BlockPermutation | undefined; を追加。– 構造物内の指定された位置にあるブロックの順列を返す。
    • 関数 isValid(): boolean を追加。– 構造物が削除された場合は false を返す。
    • 関数 getIsWaterlogged(location: Vector3): boolean; を追加。– 指定された位置のブロックが水没しているかどうかを返す。
  • エディターツールで永続エンティティをサポートするための、ブール値の InitialPersistence フィールドを持つオプションの SpawnEntityOptions を spawnEntity(…) 関数に追加。
  • place /struct コマンドと同じ方法で回転された構造物を設置するように。(MCPE-179447)
  • getItemStack(amount?:number,withData?:boolean):ItemStack | undefined ベータ版から 1.10.0 に移動。
  • getItemStack(amount?:number):ItemStack | undefined ベータ版から 1.10.0 に移動。
  • EntityAgeableComponent
    • プロパティ transformToItem をベータ版に追加。
  • EntityDefinitionFeedItem
    • ベータ版で名前空間を含む名前を返すようにプロパティ item を更新。
  • EntityTypeFamilyComponent をベータ版から 1.10.0 に移動。
  • BlockComponentTickEvent をベータ版に追加。
    • 「onTick」を追加。
  • BlockComponentEntityFallOnEvent をベータ版に追加。
    • 「onEntityFallOn」を追加。
  • BlockComponentPlayerPlaceBeforeEvent をベータ版に追加。
    • 「beforeOnPlayerPlace」を追加。
  • BlockComponentPlayerInteractEvent をベータ版に追加。
    • 「onPlayerInteract」を追加。
  • BlockComponentPlayerDestroyEvent をベータ版に追加。
    • 「onPlayerDestroy」を追加。
  • BlockComponentOnPlaceEvent をベータ版に追加。
    • 「onPlace」を追加。
  • ItemComponentRegistry をベータ版に追加。
  • ItemCustomComponent をベータ版に追加。
  • ItemComponentUseEvent をベータ版に追加。
    • StructureManager をベータ版から 1.10.0 に移動。
  • StructureManager
    • createEmpty をベータ版から 1.10.0 に移動。
    • delete をベータ版から 1.10.0 に移動。
    • get をベータ版から 1.10.0 に移動
    • place をベータ版から 1.10.0 に移動。
    • id をベータ版から 1.10.0 に移動。
    • getBlockPermutation をベータ版から 1.10.0 に移動。
    • getIsWaterlogged をベータ版から 1.10.0 に移動。
    • isValid をベータ版から 1.10.0 に移動。
  • StructureSaveMode をベータ版から 1.10.0 に移動。
  • StructureRotation をベータ版から 1.10.0 に移動。
  • StructureAnimationMode をベータ版から 1.10.0 に移動。
  • StructureMirrorAxis をベータ版から 1.10.0 に移動。
  • StructureReadOptions を削除。
  • StructureCreateOptions をベータ版から 1.10.0 に移動。
  • StructurePlaceOptions をベータ版から 1.10.0 に移動。
  • InvalidStructureError をベータ版から 1.10.0 に移動。

ブロック

  • ベータ API 実験に「minecraft:entity_fall_on」ブロックコンポーネントを追加。
  • ベータ API 実験に「minecraft:tick」ブロックコンポーネントを追加。

コマンド

  • /give および /replaceitem のパフォーマンスの向上、ターゲットがない場合でもサーバーの遅延が発生しない。(MCPE-162190)

エンティティコンポーネント

  • EntityRideableComponent passengerMaxWidth を追加。
  • SeatRotation プロパティを Seat に追加。

アイテム

  • ベータ API 機能フラグに「minecraft:custom_components」アイテムコンポーネントを追加。

引用元:Minecraft – 1.20.80 – Armored Paws (Bedrock)

スポンサーリンク
スポンサーリンク

コメント一覧

  1. 名無しのクリーパー より:

    アルマジロ来たー!めっちゃカワイイ!!